CSDRに基づくコストに係る開示(CSDR Cost Disclosure)

1. 初めに

証券集中保管機関規則(以下「CSDR」といいます。)第38条に基づいて、UBS証券株式会社(以下「当社」といいます。)はお客様に対し、当社が直接参加者であり顧客の有価証券を直接保管する欧州経済地域(EEA)における証券集中保管機関(以下「CSD」といいます。)(具体的には、クリアストリーム・ルクセンブルクS.A.)において個別顧客分別管理口座(以下「ISA」といいます。)及び共同顧客分別管理口座(以下「OSA」といいます。)の、異なる二つの水準の分別管理の選択を提供します。各水準の分別管理の主たる法的影響に関する記述を含むOSA及びISAに関するさらなる情報は、標準的なマーケット書面で、https://www.ubs.com/global/en/legalinfo2/jp.htmlにおいて掲載されるリスク開示書面(「CSDR第38条(6)に基づく参加者の開示」)において記載しています。

この規制は、当社に対し、各分別管理口座に係るコストを開示する義務を課します。上記のリスク開示書面は、コスト開示書面とともに、お客様に対しこれら二種類の口座により与えられる保護の水準及びこれに係るコストを示すとともに、どちらの分別管理口座がお客様の状況及びニーズに適しているかについてお客様が情報提供を受けた上で選択を行うことにお役立ていただくものです。

本書は、お客様への情報提供のみを目的としています。本書は、法的助言や、その他の助言を提供することを意図したものではなく、そうしたものとして依拠されるべきものではありません。

2. 背景

当社の帳簿及び記録において、当社は、当社が分別顧客口座においてお客様のために保管する各お客様の有価証券に関する権利を記録します。

当社は、サブ・カストディアンを通じて、又はCSDにおいて直接、有価証券を保管(ほとんどの場合、これは不可避的です。)できます。CSDにおいてお客様の有価証券を保管する場合、当社は自らの名義において、お客様の口座として指定した上で、口座を開設します。一般的に、当社は、ISA及びOSAの二種類の口座をお客様に提供します。

ISAは、単独のお客様の有価証券を保有するために使用されることから、当該お客様の有価証券は、他のお客様の有価証券や当社の自己勘定の有価証券と区別して保有されます。

OSAは、CSDにおいて、複数のお客様の有価証券をまとめて保有するために使用されます。但し、当社の自己勘定の有価証券は、OSAでは保有されません。OSAは、現在の口座構造の基本であり、一般的に現地規制又は市場慣行がISAを要請しない場合に用いられます。

3. コストに関する一般的な考慮要素

ISAの開設及び維持に要するコストはOSAの場合より高額となります。これは主に、ISAの開設及び維持に要する複雑な事務手続や費用並びにISAを適切に運営するために必要な人的・物的資源の確保などが理由となっております。かかるコストはお客様にご負担いただくことになります。

関連する要素は以下のとおりです。

  • 初期コスト

ISAをCSDにおいて新規に開設し、当社内部でも関連する対応を行います。また、お客様の資産をOSAからISAに移管いたします。さらに、残高のモニタリングに追加の時間及び事務負担が発生いたします。

  • 事務処理コスト

ISAに保管されている有価証券に係る事務手続(取引の決済、コーポレート・アクション及び配当等の処理)が複雑となります。

  • 他社手数料

追加的な口座の開設及び維持について、CSDから追加のコスト及び手数料を請求される場合があります。当該コストはお客様にご負担いただきます。他社手数料は主に、CSDにおける口座の開設、取引の執行及びコーポレート・アクションに伴う指図の処理に要する費用から構成される見込みです。

お客様の取引態様(取引量、取引金額を含みます。)も他社手数料に影響します。また、保護預かり及び取引決済に関して最低手数料が課される可能性もあります。

他社手数料は、定期的に課される可能性があります(例えば、CSDがISA毎に月額又は年額の維持手数料を請求する場合など。)。他社手数料はすべて、関連する他社による定期的及び継続的な見直しの対象となり、随時変更される可能性があります。

4. ISAの手数料

ここでは、ISAの手数料の計算方法に関する暫定的な情報を記載しております。

  • 1.8 百万円 + AUM1 の50 bps(年額)

当社は、EEAにおけるCSD(具体的には、クリアストリーム・ルクセンブルクS.A.)において直接保有されている資産の分別管理に関して、CSDRに基づく個別顧客分別管理関連費用をお客様にご負担いただいております。

5. 詳細について

このコスト開示書面に記載されている情報及びリスク開示書面に記載されている情報は、現在及び将来のお客様に当社の手数料の構成及び水準についてお知らせし、ご希望の口座構造の選択にお役立てて頂くものです。但し、これらの情報は法的助言や、その他の助言ではなく、かつ、そうしたものとして依拠されるべきものでもありません。これらの開示書面はお客様が口座の選択において必要とする情報をすべて記載しているものではありませんし、各種契約書類及び当社の提示する条件並びにCSDの関連する規則及び構成については、お客様の責任においてご検討ください。ISAについてより詳細な情報をお求めの場合は、お客様のアドバイザーにご相談ください。


COST DISCLOSURE

1. Introduction

In accordance with Article 38 of the Central Securities Depository Regulation ("CSDR"), UBS Securities Japan Co. Ltd. (we) offers clients the choice between two levels of custody account segregation: Omnibus Client Segregated Account ("OSA") and Individual Client Segregated Account ("ISA") at each Central Securities Depository ("CSD") in the European Economic Area (EEA) at which we are a direct participant and hold client securities directly with them (i.e. Clearstream Luxembourg S.A.). Further information on OSAs and ISAs including a description of the main legal implications of the respective levels of segregation are set out in Risk Disclosure document ("Article 38(6) CSDR Participant Disclosure") which is a standard market document and is available at the https://www.ubs.com/global/en/legalinfo2/jp.html.

The regulation imposes obligation on us to disclose costs associated with each account type. The above mentioned Risk Disclosure document together with this Cost Disclosure document should provide the client with the specifics concerning the level of protection granted by these two types of accounts and the associated costs and assist the client in making an informed choice as to which account type best suits the client's circumstances and requirements.

This document is for information purposes only. It is not intended to constitute legal or other advice and should not be relied upon as such.

2. Background

In our own books and records, we record each client’s individual entitlement to securities that we hold for that client in a separate client account.

We may hold (and in most cases this is inevitable) securities with a sub-custodian or directly with a CSD. To hold clients' securities with CSDs, we open accounts in our own name but designated as client account. As a general rule, we make two types of accounts with CSDs available to clients: Individual Client Segregated Accounts (ISAs) and Omnibus Client Segregated Accounts (OSAs).

An ISA is used to hold the securities of a single client and therefore the client’s securities are held separately from the securities of other clients and our own proprietary securities.

An OSA is a shared account at CSD level used to hold the securities of a number of clients on a collective basis. However, we do not hold our own proprietary securities in OSAs. OSAs are the basis of the current account structure and generally used where local regulation or market practice do not require ISA.

3. General cost considerations

The set-up and maintenance costs of separate ISA are higher than the costs for OSA. This is mainly due to the additional operational complexity and cost involved in setting up and maintaining a separate ISA, as well as resources required in order for us to effectively operate such account. Such costs will be charged to the client.

Factors which are considered to be relevant include:

  • On-boarding costs

Setting up a new ISA account externally with CSD(s) and internally, as well as migrating client's assets from OSA to ISA and position monitoring require additional time and operational efforts on our side.

  • Processing costs

Operational complexity in processing securities held in an ISA (i.e. trade settlement and corporate actions and income processing).

  • Third Party Charges

CSDs may charge additional costs and fees for opening and maintaining additional accounts. Any such costs will be charged to the client. Third Party Charges are largely expected to consist of CSD account set-up, as well as transaction fees and corporate actions instruction handling.

The client's trading behavior, including trading volume and assets size, also impacts the third party costs. Minimal safekeeping fee and minimal settlement fee may apply.

Certain Third Party Charges may apply periodically (e.g. if a CSD charges a monthly or annual facilitation fee per ISA). All Third Party Charges are subject to periodic and ongoing review and change by the relevant Third Parties from time to time.

4. Charges for Individual Client Segregated Account

This part provides indicative information regarding the anticipated charging structure for ISAs:

  • JPY1.8 million + 50 bps of AUM1 per annum

We apply the CSDR Individual Client segregation charge to each client for segregating assets held directly at CSD in the EEA (i.e. Clearstream Luxembourg S.A.).

5. Further Information

The Cost Disclosure information contained herein and the information contained within the Risk Disclosure document have been produced so as to provide prospective and existing clients with a high level overview of the available cost structures and our pricing and so as to assist client's in making their election as to their preferred account structure, but do not constitute legal or any other form of advice and should not be relied upon as such. The disclosures do not provide all of the information a client may need to make an election and it is the client's responsibility to review and conduct its own due diligence on the legal documentation and terms of our offering and relevant rules and structures of the various CSDs. We encourage clients to contact their Advisor to discuss the ISA offering in further detail.