債券本部 FX, Rates & Credit

  

  

<先輩社員の声>

様々なチャレンジができる、「いま」を活かしてほしい

自分のキャリアプランについて迷ったときに、キャリアフォーラムに参加。それがきっかけで、UBSのインターンシップを受けることにしました。インターン シップでは、多様性を大切にし、一人ひとりの可能性を見出そうとする姿勢に強く印象づけられました。また、インターンシップ中にチャレンジしたプレゼン テーションでは、ニューヨーク支店の社員からもアドバイスをもらいました。グローバルなネットワークの中で、自分の成長を実感できる。それがUBSです。

業務内容

UBS証券の債券本部は、債券や為替に関わる金融商品のセールス、トレーディング業務やお客様の資金調達を支援・実行する資金市場業務を行っています。普通社債をはじめとした国内外のクレジット商品と、国債や金利仕組債などの金利・為替商品、という2つの商品グループを柱とした金融商品を提供しています。また、グローバルにプロフェッショナルを配置し、様々な商品を世界各国のお客様(機関投資家、事業法人、および個人投資家等)に提供しています。

債券本部は複数国において国債に関わる総合的なサービスを提供し、プライマリー・ディーラーとしての役割を担っています。また、革新が続く金融テクノロジーを駆使して、様々なデリバティブ商品を提供しています。一方で、リスク・マネジメントといった分野においても市場のリーダーとして活発な業務を行っており、市場の動向分析およびお客様のポートフォリオ管理に最適な金融ツールを提供しています。

債券本部は、担当業務別に専門能力を結集した以下の3つの主要業務部門に分かれています。

セールス

セールスは、トレーディング・デスクおよびリサーチ部門と様々なお客様を繋ぐ上で重要な役割を担っています。商品・サービス、ならびにリサーチ・アナリストが提案するアイデアを単に理解するだけでなく、個々のお客様のニーズを理解し、そのニーズを満たすように商品・サービスをカスタマイズして提案しなくてはなりません。

セールスには、お客様および社内のトレーダー、リサーチ・アナリストと良好な関係を築く上でのコミュニケーション能力や、説得力ある説明・提言を行う能力、そして個々のお客様に対応できる柔軟性および創造性が求められます。

トレーディング

トレーダーは、お客様および業者との取引を通して様々な商品についてマーケットメイクを行います。個々のトレーダーは特定の商品分野を担当し、自社の資本を使って取引を行い、ポジションを管理します。変化に富んだ市場環境の下、経済ニュース、業界のトレンドおよび金利動向を見ながら、与えられたリスクの限度内で新たな収益機会の創出を任されています。また、投資銀行本部など他部門のスペシャリストに対して、新規発行のプライシング、タイミングおよびその仕組みについて専門的な見解を提供します。

トレーダーには、複雑な情報を評価する能力や瞬時に適切な判断を下す能力、そしてセールスやリサーチ・アナリストとコミュニケーションをとる能力が求められます。

ストラクチャリング

ストラクチャリングは、お客様のニーズに対応した金融商品の組成及び提案を行い、幅広いソリューションを提供しています。主に、金利・為替・クレジット関連の仕組債などの"ノンフロー"と呼ばれる金融商品を取り扱います。トレーダーと議論を重ねて商品設計していくと同時に、その専門性を活かしてセールスと共にマーケティングを行います。

ストラクチャリングには、ニーズに合わせた商品を組成する力、商品を分かり安く伝える説明力、また社内での商品企画案を通すためのコミュニケーション能力が求められます。