株式本部 Equities

  

株式本部

  

<先輩社員の声>

楽しさの実感の中でマーケットに挑む日々

インターンシップに参加して、まずUBS証券の“人”に魅力を感じました。優秀な人が多く、様々なことが学べる環境だと思ったのです。入社後は、株式とデ リバティブのトレーダーとしてマーケットと格闘する日々を送っています。自分の判断で売買しますから、常に真剣勝負。緊張感やストレスはあるものの、素直 に“楽しい”という実感のある仕事です。就職活動は挑戦していく姿勢や気持ちが大切。あたって砕けてもいい、道は必ず拓きます。

業務内容

UBS証券の株式本部は、セールス、トレーディングならびに多様な証券のマーケット・メイク等、積極的に資本市場に参加しています。お客様のニーズに沿ったより付加価値の高いサービスを提供できるよう、あらゆる投資商品を取り扱っており、質の高い営業サービス、スムーズかつ信頼できる取引執行システムを有しています。

株式本部では早い段階から責任ある仕事をまかされ、また、顧客企業の経営陣と接する機会を通じてプロフェッショナルとして成長することのできるチャンスが豊富にあります。

セールス

株式本部の強みの一つは、グローバルに組織された強固なセールス・チームです。当社のセールス・チームは、機関投資家、ヘッジファンド、大手企業を含む膨大な顧客基盤を持ち、一方で、お客様へのサービスの質を個別に管理するアカウントマネジャーの配置によって、個々のお客様と長期的な関係を築いています。新入社員はセールス・チームの一員として、株式調査部からの情報や推奨レポートを収集・吟味して、お客様毎にニーズに沿った調査レポートや商品を提供します。皆さんは、お客様に合わせて商品を作り上げ販売する方法を学び、職務を通して分析能力を高め、市場に対する見識を深めることができます。刻々と変化する市場に身を置くことで、職場は常にチャレンジにあふれるものになるでしょう。

優秀なセールス担当者になるためには、説得力、論理性、粘り強さを持ち、かつ自信に溢れたプロフェッショナルであることが必要です。お客様の個性およびニーズを見極め、お客様にあわせたサービスを提供することが求められています。大きなプレッシャーの下でも落ち着いて考え、行動し、重要事項についてお客様と交渉をしなくてはなりません。さらに、数値理解力と、チームにおける協調性も求められます。

クライアント・トレーディング アンド エグゼキューション

セールス・トレーダーは、市場の情報を正確にお客様に伝えて商品を調達し、お客様の注文を執行することを通して質の高い顧客サービスを提供しています。セールス・トレーダーは、当社の扱う現物株式市場、先物、裁定取引等、あらゆる商品に関わるため、商品に関する深い知識と情報を持っています。セールス・トレーダーはお客様である機関投資家のトレーディング・デスクが収益機会を見極め、取引を行う手助けをします。セールス・トレーダーは自分の携わる市場を熟知しており、その動きに対して瞬時に、業界全体、地域、あるいは特定の銘柄に関する、中・長期的な意味合いを理解することができるのです。

優秀なセールス・トレーダーになるためには、自分に自信を持ち、人から信頼され、自ら行動できることが必要です。加えて、分析力や数値理解力があることも重要です。好機の際には、自らの的確な状況判断によってそれを自分のものとすることができなくてはなりません。社交的でチームの一員として仕事ができることも必要です。

トレーディング

UBS証券は、すべての主要市場において膨大な注文を効率的に執行しており、それにより市場に流動性を提供しています。トレーダーは株式市場の動き、ボラティリティ、金利による好機を見出し、それらを利用して収益を上げることを目標とします。トレーディングチームの新入社員として、皆さんは、瞬時に決断して、行動する方法を学ぶことになります。複雑な状況に関して直感的に理解する感覚を磨き、また、当社のエコノミスト、株式および債券ストラテジスト・アナリストや市場から絶え間なく発信される情報を、即座に理解する能力を研ぎ澄ますことが必要です。

優秀なトレーダーになるためには、素早い思考力、的確な判断力、数学的能力、そして自信を持っていることが必要です。大きな金額の取引が行われるときも、集中力を維持し、明晰に考え、行動することが求められます。

金融商品部(デリバティブセールス)

ロンドン・香港・ニューヨークをはじめとした世界中の専門家と協力しながら、株式、為替及び商品デリバティブ(金融派生商品)を内包する仕組商品、また機関投資家や富裕層の個人投資家が抱える運用上の種々の課題に対するテーラーメイドの解決策を提供しています。

デリバティブを内包する仕組商品の提供に当たっては、市場環境を反映させた上で常に競争力のある価格を提供すること、及び時宜を得たお客様の運用・販売ニーズを把握することが肝要です。これらを達成するために、世界中の同僚たちと密接になコミュニケーションをとってUBSの抱えるリスク量を適切に管理すること、また絶え間ないお客様との対話を大切にしています。加えて、お客様の要望に対してタイムリーに回答をするために必要な高度なITシステムの開発にも取り組んでいます。

資産運用会社、投資信託、中央及び地方銀行、年金基金ないしは富裕層といったお客様に対して、フルオーダーメイドの金融商品を提供することも金融商品部の大きな役割です。このようなお客様の抱える課題は、低金利環境下における運用利回りの確保といった市場環境に起因するものをはじめ、税制を含む規制の変更など多岐にわたります。UBSグループが世界中のお客様とビジネスを行ってきた中で培われた商品開発力とその実現力を背景に、それぞれのお客様が置かれた状況に応じて最適な商品を提案しています。

優秀なデリバティブセールスになるためには、その時々の市場環境に対する鋭いセンス、常に進化し、成長し続けようとする貪欲さが求められます。加えて、お客様のニーズとUBSのノウハウを新しい形で組み合わせる発想力を常に磨き続けることが必要です。