変わりゆくアジア スマートシティ

アジアでは、この数十年の間に過去最大規模の人口の移動が起きています。人口が集中する都市部では、持続的な人口増加に対し、インフラ整備の遅れや電力・エネルギーの不足、限りあるスペースといった課題を抱えています。そうした中、最先端の情報通信技術を活用して都市計画の課題解決を目指す「スマートシティ」に注目が集まっています。スマートシティは都市生活を大きく改善すると期待されており、投資機会としても非常に有望視されています。

16 4 2019

スマートシティの定義

スマートシティについて世界共通の定義は有りませんが、一般には、デジタルデータやクラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ロボット工学といった先進技術を活用する、スマートコネクティビティ、スマートガバナンス、スマートサービス、スマートオートメーション、スマートヘルス、スマートモビリティの6分野が主要な構成要素です。

スマートシティの主要6分野
詳しくは各分野をクリック

Smart Cities - shifting Asia

アジアのスマートシティ:4つのファクト

世界のメガシティは28都市

現在人口1,000万人以上の「メガシティ」は世界に28か所ありますが、そのうち16都市がアジアに立地しています。国連はアジアの累積人口が2010年から2030年までに2倍になると予測しています。農村部から都市部への急速な人口集中の背景には、「第4次産業革命(技術革新が急速に起きる時代)」による生活様式の変化があります。

有望なスマート技術

スマートシティの実現させるスマート技術には、ネットワーク分野では5G、IoT(モノのインターネット)、ガバナンス分野ではデジタルリポジトリやサンドボックス、サービス分野ではフィンテックやスマートユーティリティ、オートメーション分野では人工知能(AI)や顔認識、ヘルスケア分野ではビッグデータや遠隔モニタリング、モビリティ分野では自動運転や配車サービスなどがあります。

アジアのスマートシティのピラミッド

アジアでは、シンガポールがスマートシティの取り組みでは他国を大きくリードしています。東京では2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会をショーケースの機会と捉え、興味深いスマートソリューションが披露されるでしょう。中国とインドも、政府主導の下に活発なエコシステムを展開しており、今後の拡大が非常に有望視されています。

世界のスマートシティ支出

我々はアジアのスマートシティが今後数年で数兆米ドルの経済価値を生むと予想しています。我々の推計によると、アジアの年間スマートシティ支出の合計は2025年までに8,000億米ドルに達し、世界のスマートシティ支出の約40%を占めるまでになるでしょう。このうち中国による支出は3,200億米ドルとなり、アジアのスマート支出で首位に立つと見込まれます。

変わりゆくアジア - スマートシティ

スマートシティを詳しくみる

アジアのスマートシティの市場規模

我々はアジアのスマートシティが今後数年で数兆米ドルの経済価値を生み、アジアの年間スマートシティ支出の合計は2025年までに8,000億米ドルに達すると予想しています。

アジアのスマートシティを掘り下げる

アジアでは、この数十年の間に大規模な人口の移動が起きています。その結果、人口の持続的な増加に対し、インフラ整備の遅れや電力・エネルギーの不足、限りあるスペースといった課題を抱えています。

主要国の取り組み

巨大IT企業がスマートシティをけん引

東京五輪を1つのショーケースに

スマートシティへの飛躍



資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。