House View Weekly 新興国株式が上昇する見通し

米中両国は1月15日、待望の米中貿易協定の第1段階合意に署名した。米国とイランの緊張の高まりを受けた年初の短期的な下落を除き、12月半ばに米中合意が発表されて以降、投資家のリスクオンは続いている。

2020年 1月 20日

今週の要点

1. 米中貿易「第1段階」に合意するも、対立の終結ではない

米中は1月15日、貿易協議の「第1段階」の合意文書に署名した。先月13日に両政府が合意に達したと発表して以来、株式市場は上昇基調を続けている。中国は今後2年間で米国産品やサービスの購入を2,000億米ドル以上増やす一方、米国は関税を段階的に撤廃する。だが、今回の合意内容は限定的なものにとどまっている。第1に、合意によっても関税が完全に解消されるわけではなく、第2段階が決着するまで3,700億米ドル相当の中国製品に対する追加関税は維持される。第2に、合意は部分的な内容であり、摩擦再燃の可能性も否定できないことから、景況感は緩やかな改善にとどまりそうだ。第3に、すでに分断されたサプライチェーンが以前の状態に戻る可能性は低い。関税の影響を受けた中国製品のうち約半分のサプライチェーンはベトナムやマレーシアなど他の国に移っている。とはいえ、今回の合意は景気の下振れリスクを軽減し、新興国市場を中心にリスク資産の見通し改善に寄与するだろう。

要点:今回の合意で貿易をめぐる対立が終結するわけではない。だが、これによって景気の下振れリスクは緩和され、株価の上昇も下支えられるだろう。こうした環境下では、特に新興国株式が有望とみる。

2. 米決算発表シーズン開始 株価になお一段上昇余地

地政学的対立が弱まり、米中が貿易協議の第1段階合意に署名したことを受けて、S&P500種株価指数は最高値を更新した。2019年第4四半期の決算発表シーズンが始まった現在、市場の注目はファンダメンタルズ(経済の基礎的諸要件)にも向けられている。決算発表が進むなか、株価にはなお一段の上昇余地があると我々はみており、今年のS&P500種の増益率は6%と予想している。増益率に関する先行指標も良好で、米連邦準備理事会(FRB)のシニア・ローン・オフィサー・サーベイによると貸出基準も引き続き緩和的である。全体的には、貿易をめぐる対立が和らぎ、低迷していた半導体等の業界が持ち直すとみられることから、昨年の企業業績の伸び悩みが今年も続くとは考えていない。とはいえ、S&P500種の予想株価収益率(PER)は18.6倍と20年間の平均の15.8倍を大きく上回っていることから、引き続き十分な分散投資と銘柄厳選を勧める。

要点:株価には上昇余地が残されていると考える。株式に一度にまとまった資金を投入したくない場合には、決まったスケジュールに沿って買い入れる(投資期間は12カ月以内に設定し、5~10%の株価下落があった場合は購入を前倒しする)、あるいはまず債券を購入し、その後リスク資産に投資する、等の段階的な戦略を勧める。

3. 急成長するデジタル・トランスフォーメンションから投資機会を捉える

台湾政府は先週、5Gの周波数割り当て免許を交付した。割り当て入札の総額は46億米ドルと、人口比でみると今回の入札は世界最大規模となった。こうした結果からも、デジタルサービス分野のビジネスが急成長する可能性が見て取れる。大量のデータを無線で送信できる5Gは、自動運転から遠隔手術まで数多くの新たな応用の道を開くだろう。デジタル・トランスフォーメーションの波に乗るためには、我々が提案する6つの主要テーマに分散投資すること勧める。具体的には、1) 2020~2030年にかけて総データ生成量が10倍以上に拡大する見通しの「デジタルデータ」、2) 今後10年間に年率15~20%の売上増が見込まれる「eコマース」、3) 2025年には人工知能(AI)、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、ビッグデータ、クラウド、5Gを併せた合計成長率が年率12%前後に達すると予想される「イネーブリング・テクノロジー(実現技術)」、4) 2030年に向けて金融セクター全体の3倍のスピードで売り上げが増加する見通しの「フィンテック」、5) 人口の高齢化に伴う医療費の増加にけん引される「ヘルステック」、6) 今後5~10年の成長率が1桁半ばから後半に達すると予想される「安全性と危機管理」の6分野である。

要点:デジタル・トランスフォーメーションは従来のビジネスモデルを根底から覆すだろう。テクノロジー企業は通常の景気リスクの影響を受けやすいため、同分野における幅広い企業群に投資することを勧める。

House View レポートの紹介


資産運用はUBS証券へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。

UBSウェルス・マネジメントのご口座開設のお問いあわせはUBS SuMi TRUST ウェルス・アドバイザリー株式会社*が承ります。

(受付時間:平日9時~17時)