House View

  • House View Weekly 金融政策の限界

    米中貿易摩擦は依然として相場の変動要因となっており、米中貿易交渉の第1段階の合意に向けて協議が進展した結果、先週は米国株式が過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)は先週利下げを実施したが、今後は金融政策が相場の方向性を決定づける可能性は後退したと考えている。 更に読む

    • 04 11 2019
  • Monthly Letter 11月号 チャンネルの切り替え

    ブレグジットと米中貿易紛争に進展があり、投資家は地政学よりも経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)に目を向けやすくなるかもしれないが、今後も貿易が見通しに重要な影響を及ぼすだろう。 更に読む

    • 24 10 2019
  • House View Weekly 合意なき離脱の可能性は低下

    英国の欧州連合(EU)からの離脱の最終的な結末は明らかになっていないが、先週は大きな進展があり、10月末か今後6カ月以内に合意なき離脱に至るリスクはこれまでよりも低下した。 更に読む

    • 21 10 2019