100歳まで健康に生活できたとして、どのような資産管理プランが必要ですか?

リタイア後のライフスタイルは変化しつつあります。生涯現役を貫いたり、引退して趣味を楽しんだり、あるいは別の道に進んでみたり。人生設計が変われば、資産運用プランも見直しが必要です。ご自身の未来を考える上で時期尚早ということはありません。UBSウェルス・マネジメントでは、クライアント・アドバイザーが常に対話を通じてお客様の人生や資産目標の変化に目を配っていきます。そしてお客様を取り巻く環境の変化や世界の経済情勢の動きにアンテナを張り、資産運用プランを見直していきます。

資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

(受付時間:平日9時~17時)


ご自身に問いかけてみませんか?

資産運用プランを作成するためには、早めに計画を立てることが肝心ですが、検討すべきことはたくさんあります。まずは、3つの質問をご自身に問いかけてみましょう。

将来を前向きに捉えている人の割合は

84%

で、そのうち過去を前向きな記憶として覚えている人の割合は69%に過ぎません。*

将来のプランを立てるとき、何を考慮すべきだろうか?

UBSウェルス・マネジメントでは、次世代への財産の承継や定年退職など、人生の節目における様々な課題に対し、クライアント・アドバイザーが包括的なご相談の窓口となり、お客様の人生を豊かにするためのお手伝いをいたします。

資産を確実に承継するためにはどうすればよいだろうか?

後継者の育成から事業の承継など、お客様の資産を守り、次世代へ滞りなく受け渡すためのサポートをいたします。

経済的に恵まれた立場から社会に対して何ができるだろうか?

UBSウェルス・マネジメントでは、世界各地でNPOなどの様々な組織とパートナーシップを結び、教育や環境、貧困といった幅広い分野での社会的課題の解決に資する活動を通じ、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。また、社会貢献にご関心をお持ちのお客様に、グローバルな視点から具体的な社会貢献活動の情報をご提供しています。

世界の超富裕層の資産のうち、

90%

は次世代へ受け継がれなかったという統計結果が出ています。**

UBSウェルス・マネジメントとは?

UBSとのお取引。その特長のひとつは、一人のクライアント・アドバイザーが長期にわたりお客様を担当する専任制にあります。クライアント・アドバイザーがお客様との信頼関係のもと、世界のUBSグループのサービスおよび各部門のエキスパートとお客様を結びます。


私たちのサービス

お客様の投資の最適化をお手伝いするには、お客様との緊密なコミュニケーション無しに提供できるものではありません。UBSはお客様の資産状況や将来設計などのあらゆるニーズを包括的に理解した上で、様々なネットワークを活用し、その課題を総合的に解決するお手伝いをいたします。


資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2百万スイスフラン相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。