中国投資 今後の米中関係はどうなるか?

今後の米中関係はどうなるのだろうか? 米中貿易協議の第1段階の合意は明るい材料であり、2020年の投資家のリスク許容度を高めることになると考える。しかし、一方で難しい構造問題(知的財産、技術移転、補助金等)が根強く残ることを我々は依然警戒している。ハイテク、金融等の他分野において米中の対立は依然リスク要因であり、投資家がボラティリティ(相場変動)継続に備えることは堅実であると考える。

2020年 1月 03日
  • 米中貿易協議の第1段階の合意により不透明感が後退し、中国株式市場のセンチメントが改善している。テクノロジー・ハードウェア、eコマース、生活必需品、不動産、銀行セクター内の銘柄を推奨し、エネルギー株、通信株への慎重姿勢を維持する。
  • 債券については、2020年のリターンを3.5~4.5%と予想する。ハイイールド債は5~7%、投資適格社債は3~4%のリターンを見込む。ハイイールド債は質の高い中国不動産の発行体を勧める。BBB格債とBB格債、そして信頼できるB格債と早期償還を促す仕組みを持つ(金利のステップアップ条項など)永久債による利回り向上を推奨する。
  • 2020年は潮目が変わり、人民元が米ドルに対して強含むものと考える。投資家は米ドル/人民元が6.8以下に下落するまで人民元のエクスポージャーをヘッジしないことを勧める。

我々の見解

2019年12月はMSCI中国指数(+7.8%)とCSI300指数(+7.0%)が共に堅調な月次リターンを示す等、中国株式市場は米中貿易協議第1段階の合意に後押しされて大きく上昇した。中国オフショア債券の12月のリターンは0.3%と安定化した。人民元は米ドルに対して1%上昇し、7.0元を下回った。2019年通年では、中国A株が38.0%(H株:+20.4%の約2倍)と非常に高いリターンを示し、一方で債券が10.4%、米ドル/人民元が1.3%上昇した。

では、今後の米中関係はどうなるのだろうか? 米中貿易協議の第1段階の合意は明るい材料であり、2020年の投資家のリスク許容度を高めることになると考える。しかし、一方で難しい構造問題(知的財産、技術移転、補助金等)が根強く残ることを我々は依然警戒している。ハイテク、金融等の他分野において米中の対立は依然リスク要因であり、投資家がボラティリティ(相場変動)継続に備えることは堅実であると考える。

House View レポートの紹介


資産運用のご相談・お問い合わせはUBS証券へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。