Previous media releases

[参考訳文(要旨)]2019年第4四半期決算

Tokyo Media Japan Investor Releases

  

2019年通期の純利益は43億米ドル、普通株Tier 1自己資本利益率は12.4%

2019年の報告ベースの税引前利益は56億米ドル、調整後1税引前利益は60億米ドル
2019年第4四半期の報告ベースの税引前利益は9億米ドル、調整後1税引前利益は12億米ドル
2019年の報告ベースの普通株Tier 1自己資本利益率2は12.4%、希薄化後1株当たり利益は1.14米ドル、1株当たり有形固定資産簿価は13.29米ドル
普通株 Tier 1比率は13.7%、普通株Tier 1レバレッジ比率は3.9%、Tier 1レバレッジ比率4は5.7%
2019年の普通配当は1株当たり0.73米ドルを予定、2019年に8億米ドルの自社株式買い戻し、総還元性向は80%
2020から2022年の報告ベースの普通株Tier 1自己資本利益率2の目標を12~15%とし、グループの自己資本利益率を支えるGWMの意欲的な成長目標を堅持

チューリッヒ、2020年1月21日-UBSは複雑な市場環境の中、堅調な2019年通期の業績を発表しました。報告ベースの税引前利益は前年比7%減の55億7,700万米ドル、調整後税引前利益は微減し60億3,500万米ドルとなりました。営業利益が3%減少し、営業費用が4%減少した結果(ともに調整後)、グループの調整後費用/収益比率は78.9%(前年比51ベーシスポイント減)となりました。株主帰属純利益は、前年比5%減の43億400万米ドル、報告ベースの普通株Tier 1自己資本利益率2は12.4%、希薄化後の1株当たり利益は1.14米ドル、1株当たり有形固定資産簿価は前年比6%増加し13.29米ドルとなりました。

This website uses cookies to make sure you get the best experience on our website. You can find more information under the Privacy Statement. You are free to change your cookies' settings in the privacy settings.

Go to privacy settings