Previous media releases

[参考訳文(要旨)]2018年第4四半期決算

Tokyo Media Japan Investor Releases

  

2018年通期の税引前利益は19%増の64億米ドル

2018年第4四半期の税引前利益は前年同期比2%増の8億6,200万米ドル
2018年通期の純利益1 は前年比25%増2の49億米ドル、希薄化後1株当たり利益は1.27 米ドル
2018年通期の調整後3税引前利益は前年比2%増の64億米ドル、 調整後3費用/収益比率は78%
2018年通期の繰延資産を除く調整後3有形自己資本利益率4は13.8%、報告ベースの普通株Tier 1自己資本利益率5は14.2%
普通株Tier 1比率は13.1%、普通株Tier 1レバレッジ比率は3.8%、継続事業のレバレッジ比率は5.2%
2018 年通期の普通配当は8%増の一株当たり0.70スイス・フランを予定;2018年に7億5,000万スイス・フランの自社株式を買い戻し
2019年期の買戻し目標は最大で10億米ドル
主要な指標、格付けにおいてサステナビリティ分野でのリーダーとの評価

チューリッヒ、2019年1月22日-UBSの2018年通期の業績は好調で、報告ベースの税引前利益は前年比19%増の63億7,300万米ドル、調整後3税引前利益は2%増の64億4,500万米ドルとなりました。グループの費用/収益比率は前年比で3%改善して79%、調整後3ベースでは変わらず78%でした。株主帰属純利益は、2017年第4四半期の米国の税制改革 (US Tax Cuts and Jobs Act)の立法化を受けた繰延税金資産 (DTA) の純償却額29億3,900万米ドルを除くと、25%増の48億9,700万米ドルとなりました。2018年通期の繰延税金資産を除く調整後3有形自己資本利益率 (RoTE) 4は13.8%、報告ベースの普通株Tier 1自己資本利益率5は14.2%でした。

2018年期について取締役会は、UBSグループAGの株主に対して前年比8%増となる一株当たり0.70スイス・フラン6の配当を提案する予定です。UBSはまた、2018年期に同年の目標である5億5,000万スイス・フランを上回る7億5,000万スイス・フランの自社株式を買い戻しました。2019年期には、最大10億米ドルの株式を買い戻すことを目標としています。UBSの自己資本状況は、普通株Tier 1比率13.1%、普通株Tier 1レバレッジ比率3.8%、継続事業のレバレッジ比率5.2%、総損失吸収力840億米ドルと、堅調を維持しています。

This website uses cookies to make sure you get the best experience on our website. You can find more information under the Privacy Statement. You are free to change your cookies' settings in the privacy settings.

Go to privacy settings