外国為替

UBSインベストメント・バンクは、世界の外国為替市場で常にトップグループの地位を占め、東京外国為替市場においても4年連続マーケットシェアランキングNo.1*という高い評価をいただくなど、インターバンク市場における主要なマーケットメーカーとして、広く認知されています。

市場に対する強い影響力を背景に、世界トップクラスの流動性を供給するUBSは、スポット、先物、ノンデリバラブル・フォワードから、リスク管理のための幅広いオプション取引に至る総合的為替資金サービスを、銀行、証券、事業法人、ヘッジファンド、運用会社向けに、また銀行や証券会社等を通じてリテール向けにご提供しています。

*2007-2010年ユーロマネー日本語版

東京市場ランキング(ユーロマネー誌日本語版2010年夏号)に関する情報は、こちらよりご覧いただけます。

[PDFファイルの閲覧について]

PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Readerをインストールする必要があります。

高い先進性とマーケットシェア

外国為替市場は、IT技術の進歩とともにネット化・処理の迅速化・小口化が進んでいます。UBSでは、 E-トレーディング・ツールに継続的に投資を行い、先進的テクノロジーの開発を続けています。高度に自動化された独自の為替取引システムをもつことで、取引高の増大に対応し、グローバル、日本国内いずれにおいても最大規模のシェアを占めております。また、世界では100以上の様々な通貨ペアのほか、貴金属のマーケットメーカーとして、世界の為替市場、貴金属市場への24時間アクセスを実現しています。

卓越したリスク管理ノウハウや情報サービス

UBSの外国為替業務は、UBS自身がリスクを吸収することによって初めて形成できるプライス提示の魅力に、大きな特長があります。また、高度なリスク管理ノウハウはもちろんのこと、信頼性の高い取引執行と取引コストの低廉性、決済処理の迅速性、さらには機密保持の確実性も、UBSの強みとして挙げることができます。こうしたハード面の優位性に加え、情報サービス、アドバイス等の充実にも、UBSは力を注いでいます。高い専門性を備えた数多くの人材を擁し、著名アナリストによる質の高いリサーチ情報をお届けしているほか、総合的かつ革新的なヘッジ手法の提案などのアドバイザリー・サービスにも高い評価をいただいています。

外国為替業務に関するご相談は、UBS銀行東京支店まで

UBSインベストメント・バンクの外国為替業務は、日本ではUBS銀行東京支店を通じてサービスを提供しています

UBS銀行東京支店 - お問い合わせ