China Foresight

中国市場に関する選りすぐりの情報をお届けします


組入れ銘柄の業績拡大が期待されるUBS中国新時代株式ファンド

  • コロナ禍でもプラス成長が見込まれる中国経済
  • 中国関連株のバリュエーションは引き続き魅力的な水準
  • 当ファンドは中国の内需成長、経済の高度化に伴って成長が期待される、消費、サービス関連企業などの分野で高い競争力を有する企業を選別

中国レポート:世界を引き離す中国、高まる投資妙味

  • 中国は、コロナ封じとワクチン開発、経済回復の強さで、世界を大きく引き離し内需の回復加速が確認されている
  • 国内に重点を置く「国内大循環」へのシフトを強めており、中国が世界を置き去りにする展開に対し、海外の投資家が保有する中国資産は十分とは言えない状態
  • コロナ問題を克服した中国は、追加の刺激策により、国内の経済転換・構造改革を優先できる状況。中国は第14次5ヵ年計画において、コロナ後の方向性を世界に示そうとしている

中国レポート:テックの牙城で「デジタル人民元」が始動

  • テックの牙城である深セン市で、10月に総額1000万元(約1億5700万円)のデジタル通貨を抽選で5万人の市民に配布
  • 「デジタル人民元」は、ユーザーに供給する銀行やアリペイ、ウィーチャットペイなどが、それぞれの既存のアプリをユーザーに提供するという仕組み
  • 中国が「デジタル人民元」の発行を急ぐ一番の狙いは、国内でのデジタル元の推進に加え、人民元の国際化を進めることにあると見られる
     

銘柄選択がパフォーマンスを牽引するUBS中国新時代株式ファンド

  • 米国に上場する中国系企業の香港市場への上場が進んでおり、香港市場、企業、中国本土投資家にとって、それぞれ恩恵が期待される
  • 中国株式市場は、優良企業や非優良企業が入り混じる玉石混交の状態にあり、長期的にパフォーマンスを上げるためには 銘柄を選別して投資することが重要
  • 当ファンドでは、今後も中国の内需成長、経済の高度化に伴って成長が期待される、消費、サービス関連企業などの分野で高い競争力を有する企業を選別し投資

中国レポート:景気回復トレンド継続と人民元への追い風

  • 中国経済はコロナ禍からの回復で世界リード、8月の個人消費がプラス転換し、国慶節で更に加速も
  • 国内の経済回復と金融安定が資金フローを呼び込み、米中紛争激化の中でも人民元高が加速
  • 先進国との金利格差や新規のポートフォリオ資金の中国市場への流入などが引き続き人民元の追い風に

中国資産:分散投資とリターン

  • 今後数年間で、中国の株式や債券が先進国の同アセットクラスのパフォーマンスを上回ると予想
  • 中国の資本市場は発展を続けており、人口動態や貿易面でのマイナスの相殺に寄与
  • 中国本土投資家は、中産階級の増加による富の分散化が進むことで、上場資産に対する需要が急拡大も
  • グローバルな投資家にとっては、中国資本市場の発展によって、分散投資の効果の享受が可能に

中国レポート:鍵を握る個人消費と米中摩擦の行方

  • 中国経済はコロナ禍からの回復で世界リード、4-6月期の急回復に続き7月も回復を確認
  • 中国政府は今後も金融・財政両面で経済の下支えを継続し、下半期も回復基調の継続を見込む
  • 鍵を握るのは個人消費と米中摩擦の行方、内需拡大策をコアに自国経済の自立化モデルを強化へ

8つの理由

  • 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)への注目は中国から離れ、経済活動はゆっくりと再開。
  • 中国及び新興国は引き続き世界的な成長を牽引していくと見られており、特に中国には依然として無視できない投資機会があると思われる。
  • 新興国の回復のペースを詳しく調査し、先進国における景気回復ロードマップとなるかを探索する。

中国レポート:中国資産は、新たな逃避先になり得るのか?

  • 中国はプラス成長に転換、他の主要国よりもV字回復にかなり近い位置にいる。
  • 中国本土株の急騰の背景、その持続性は?政府主導の株高は、2015年の相場と似ているが、5年前からの変化や相違点が株高の持続性に影響を与える可能性も。
  • グレーターベイエリア構想の狙い、中国資産への影響。金融セクターに利益をもたらし、経済圏のテクノロジーや他の新興産業を牽引すると見られるグレーターベイエリア構想などにより、新たな資金の逃避先として中国資産が選好される可能性も。

中国レポート:先進国とのデカップリング、むしろ追い風?

  • 米中冷戦は長期化するも、両国とも自国経済への痛手を最小限に抑えるべく国内の政治・経済の安定を優先する見込み
  • 中国は、コロナウイルス感染抑制と経済正常化に成功、順調な経済回復を続け、出遅れる先進国経済とファンダメンタルズ格差が拡大
  • ウィズコロナ時代には、貿易での「反グローバル」や経済での「ブロック化・デカップリング」が進むリスクがある
  • 「分断化する世界」でポートフォリオの多様化を迫られる投資家にとり、中国債券は、相対的な高利回り、他資産との低相関、長期的なリターンが見込める点が魅力

高まる米中の対立と中長期的な投資機会

  • 米国と中国の対立が貿易だけではなく技術面や資本市場へと広がりつつあり、米国は2020年11月に大統領選挙を控えていることから、今後も強硬な方針を取ってくることも想定される。
  • 米国上場の中国企業に対して、米国の規制に従わない場合、上場廃止となる法案可決。中国企業は香港市場への上場などでこの問題に対応可能と想定される。
  • 中国の香港国家安全法導入決定により、米国は香港に対する優遇措置見直しを発表。短期的な影響は限定的と想定するが、米中の覇権争いは主要なリスクとして今後も注視。
  • 地政学リスクなどで相場が調整する局面は、相対的に高い競争優位性を有する企業を割安に組み入れる投資機会と捉え優良銘柄の発掘に注力する方針。

人民元ブロック(経済圏)

  • 中国の国際金融市場との統合は更に進展
  • 中国は、国内金融市場を海外投資家に開放し、貿易取引を推進し、一帯一路政策を拡大
  • 人民元の役割が拡大し、それに伴い世界経済における中国の影響力は増加
  • 人民元が世界の基軸通貨である米ドルにすぐに取って代わる可能性は低いだろう。一方で、地域の基軸通貨として影響力を持つ可能性は高いとみられ、人民元ブロック(経済圏)が世界経済に影響を持つ形で台頭する可能性が高まっている

中国レポート:全人代が開幕、既に計画経済の国ではない?

  • 今年の中国全人代では、成長目標が見送られ、国内の安定と安全確保を優先
  • 中国政府は、財政の拡大による雇用対策、新型インフラなど内需拡大策を発表
  • 香港への国家安全法の導入の動きは、米中の緊張を高める材料

中国不動産市場の回復と中国ハイイールド債券の投資機会

  • 下落幅が相対的に抑えられ、足元では回復基調で推移する中国ハイイールド債券市場
  • 回復の兆しが見られる中国不動産市場
  • 中国ハイイールド債券市場の高い利回り魅力

経済活動の正常化に向けていち早く動き出した中国

  • 中国は、新型コロナウィルスの感染拡大防止策が奏功し、世界の中で、いち早く経済活動の正常化へ
  • 中国の経済成長をけん引する、生活必需品、情報技術、ヘルスケア、一般消費財・サービスなどの内需を中心としたセクターは、堅調な利益成長が見込まれる

中国レポート:中国の今、消費行動の変化と経済再開の行方

  • 中国は初のマイナス成長となったが、4-6月期は力強い内需が主導し、回復が進むと予想
  • 中国の消費動向では、中・高齢層によるオンラインショッピングの増加や高額消費の回復などに期待
  • 中国がアフターコロナの新たな消費形態を確立し、内需主導の回復に成功した場合、中国資産を中心に「グローバル資産の再配分」が促される可能性も

強まる中国の世界での存在感がグローバル資産の再配分を促す

  • 世界経済を太陽系に見立てると、中国は太陽と同じポジション
  • 昨今、世界の金融政策、消費者需要、技術革新の3つの分野において、中国の影響が広範囲に強まっている
  • これは、中国が、私たちの住む世界を変えつつあり、また投資の分野において幅広い投資トレンドの源泉となっていることを意味
  • 米中貿易摩擦の激化においても、世界の投資家がこのことを強く認識するようになってきており、グローバル規模で中国への資産配分の大きなシフトを促す原動力に

変貌する中国経済~動き出した巨大市場~

  • 「世界の工場」から「世界の市場」へ目覚しい発展を遂げた中国は、新たなステージへ
  • 消費スタイルが「量から質」、「モノからコト」へ転換し、新たなイノベーションが新たな市場を創出
  • 良質なビッグデータを抱える中国はAI分野で世界をリードする可能性
  • 「消費」と「テクノロジー」で世界の経済大国へ

内需主導の経済成長が期待される中国への投資機会

  • 2020年1-3月期における中国株式市場のパフォーマンスは、欧米の株式市場と比較して相対的に底堅く推移。
  • 中国では経済正常化に向けて動き出しているほか、個人消費刺激策が次々に打ち出されており、内需主導の経済回復が期待される。
  • 中国企業の業績は堅調に推移する見通しであり、バリュエーションも引き続き魅力的な水準にあることから、中国株式への投資魅力は高いといえる。

 中国2020年の見通し

  • 2020年の中国経済成長率:5.8%(2019年:6.1%) OECD予想
  • 2020年上半期に追加利下げの可能性
  • 株式市場:技術革新、プレミアム化など、長期的テーマが有望、国有企業改革の恩恵を受ける企業にも注目
  • 中国債券は、世界的なマイナス利回りの環境下、魅力ある利回りを提供。中国、アジアのハイイールド債に関心が高まる可能性
  • マルチアセット戦略は株式を選好、中国の政策による恩恵が期待される中国A株に注目

中国株式:2019年の振り返りと2020年の見通し

  • 2019年の中国株式は、米中通商摩擦等で調整する局面はあったものの、良好なファンダメンタルズ等を反映し堅調な展開。
  • 2020年は、中長期の経済目標の最終年に当たり、目標実現に向けて引き続き積極的な財政政策や緩和的な金融政策がとられると同時に、質の高い経済発展に向けた方針がとられると想定。
  • 主なリスク
    1. ダウンサイドリスク:第1段階の米中通商合意が実現せず、再び摩擦が激化する方向に傾斜すること等。
    2. アップサイドリスク:中国経済の高度化に伴う魅力的な投資機会拡大、米中通商問題の進展による投資家心理の改善等。

主なファンド

いずれのファンドにおいても、資金動向、信託財産の規模、市況動向等によっては、下記のような運用ができない場合があります。

UBS中国株式ファンド

  • 中国の株式を実質的な主要投資対象とし、信託財産の長期的な成長を目指します。
  • 当ファンドの実質的な投資対象には、中国の金融商品取引所に上場している人民元建てのA株を含みます。

UBS中国A株ファンド

(年1回決算型)
(年4回決算型)

  • 資金流入が期待される中国A株(中国企業の人民元建て株式)を実質的な投資対象とします。
  • 中国A株の中でも、各セクターを代表するリーディング企業やリーディング企業に成長する可能性の高い企業の株式を中心に投資を行います。

UBS中国新時代株式ファンド

(年1回決算型)
(年2回決算型)

  • 中国企業の株式を実質的な主要投資対象とします。
  • 構造的な成長が期待されるセクターの中で、相対的に高い競争優位性を有する企業を選別し、投資を行います。

UBS中国人民元債券ファンド

(年2回決算型)
(毎月決算型)

  • 中国人民元債券を実質的な主要投資対象とします。
  • 中国人民元債券への投資により、金利収入と人民元高による為替差益の獲得を目指します。

UBS中国ハイイールド債券ファンド 

(年2回決算型・為替ヘッジあり)
(年2回決算型・為替ヘッジなし)
(毎月決算型・為替ヘッジあり)
(毎月決算型・為替ヘッジなし)

  • 大中華圏(中国・香港・マカオ等を含みます。)の企業等の発行するハイイールド債券※を実質的な主要投資対象とします。※ハイイールド債券とは、格付機関における格付けの信用度がBBB-/Baa3未満、または格付けされていない事業債等のことをいいます。
  • 決算頻度および為替ヘッジの有無が異なる4ファンドからお選びいただけます。

日本国内各社のサービスに関するご質問やお問い合わせ等は、各社個別の問い合わせ窓口宛にお願いいたします。


UBSは日本において、下記のグループ会社各社が、それぞれにサービスを提供しており、独立した業務活動を行っています。


UBSは、個人情報の取り扱い、企業としての指針を明確に定義し、日本国内の法令を遵守し、サービス提供を行っています。