China Foresight

中国市場に関する選りすぐりの情報をお届けします


主なファンド

いずれのファンドにおいても、資金動向、信託財産の規模、市況動向等によっては、下記のような運用ができない場合があります。

UBS中国株式ファンド

  • 中国の株式を実質的な主要投資対象とし、信託財産の長期的な成長を目指します。
  • 当ファンドの実質的な投資対象には、中国の金融商品取引所に上場している人民元建てのA株を含みます。

UBS中国A株ファンド

(年1回決算型)
(年4回決算型)

  • 資金流入が期待される中国A株(中国企業の人民元建て株式)を実質的な投資対象とします。
  • 中国A株の中でも、各セクターを代表するリーディング企業やリーディング企業に成長する可能性の高い企業の株式を中心に投資を行います。

UBS中国新時代株式ファンド

(年1回決算型)
(年2回決算型)

  • 中国企業の株式を実質的な主要投資対象とします。
  • 構造的な成長が期待されるセクターの中で、相対的に高い競争優位性を有する企業を選別し、投資を行います。

UBS中国人民元債券ファンド

(年2回決算型)
(毎月決算型)

  • 中国人民元債券を実質的な主要投資対象とします。
  • 中国人民元債券への投資により、金利収入と人民元高による為替差益の獲得を目指します。

UBS中国ハイイールド債券ファンド 

(年2回決算型・為替ヘッジあり)
(年2回決算型・為替ヘッジなし)
(毎月決算型・為替ヘッジあり)
(毎月決算型・為替ヘッジなし)

  • 大中華圏(中国・香港・マカオ等を含みます。)の企業等の発行するハイイールド債券※を実質的な主要投資対象とします。※ハイイールド債券とは、格付機関における格付けの信用度がBBB-/Baa3未満、または格付けされていない事業債等のことをいいます。
  • 決算頻度および為替ヘッジの有無が異なる4ファンドからお選びいただけます。

日本国内各社のサービスに関するご質問やお問い合わせ等は、各社個別の問い合わせ窓口宛にお願いいたします。


UBSは日本において、下記のグループ会社各社が、それぞれにサービスを提供しており、独立した業務活動を行っています。


UBSは、個人情報の取り扱い、企業としての指針を明確に定義し、日本国内の法令を遵守し、サービス提供を行っています。