アドバイザリー・プロセス

UBSのアプローチの独自性は、「理解」「提案」「合意と実行」「検証」の4つのステップを繰り返すアドバイザリー・プロセスの実行にあります。このアプ ローチに基づき、クライアント・アドバイザーはお客様の人生のステージに応じて、常に最適なソリューションをお届けしていきます。

理解:徹底したニーズの理解

クライアント・アドバイザーが、お客様の目標や抱負、将来計画の理解に努めます。財務的な内容にとどまらない様々な会話を通じて、相互理解に時間をかけます。

提案:投資戦略のご提案

対話で理解した個別の課題やニーズをもとに、クライアント・アドバイザーは資産運用・管理のための包括的な戦略とお客様に適したソリューションを提案します。

合意と実行:最適な運用方法

クライアント・アドバイザーの助言のもと、世界有数の金融グループが提供する幅広い金融・投資商品から、お客様のニーズにあった商品やサービスをお選びいただき、お客様の意志決定に基づき選択されたプランを実行します。

検証:お客様の成功を確かなものに

クライアント・アドバイザーがお客様のアセット・アロケーション(資産配分)をモニターし、その運用状況について定期的に報告します。市場環境やお客様の運用ニーズ、人生設計に変化が生じた際には、戦略を見直し調整します。