合意と実行:最適な運用方法

コア・サテライト・アプローチ

長期的な目標の達成と、短期的な投資機会の活用の両立を図るのが、UBSのコア・サテライト・アプローチです。お客様の目的をよく理解したうえで、このコア・サテライト・アプローチにより柔軟性のあるポートフォリオ構築を提案しています。

コアによる安定性の確保
お客様の資産の大半は、長期的な投資目的と許容できるリスクに基づいた運用に振り向けられます。コア部分では地域、セクター、資産クラスの分配を図りつつ、相対リターン戦略と絶対リターン戦略を適宜組み合わせます。

サテライトにおける投資機会の追求
サテライト投資は、コア部分より小さい割合のポートフォリオで短期的な投資機会を活用するものです。コアとなるポートフォリオを補完し、全体のリターン向上を図ります。

ケース3

C様は、相続財産を運用してご家族のために余裕資金を蓄えたいとお考えです。運用のご経験はある程度お持ちで、さらに体系的な手法での資産運用をご希望です。また、海外市場も視野に入れた投資についても意欲的にお考えです。

こうしたお客様には、コア・サテライト・アプローチが運用手法としても適していると言えるでしょう。運用の大部分はコアとして分散投資を行い、長期的な期 待リターンを目指します。一方で社会的責任を果たしている企業への投資にもご関心をお持ちであることから、サテライト部分ではそのテーマに即した運用に関 する情報提供を行っていきます。