UBSウェルス・マネジメントのイベント・セミナー

UBSウェルス・マネジメントでは、金融・経済、市場環境等に関するセミナーに加え、お客様のご興味・関心にあわせた様々なイベントや協賛活動を実施しています。

UBS経済フォーラム 

「日銀マイナス金利導入後の日本経済~向かう先はデフレか?その効果と今後の行方~」

この度、UBS銀行ウェルス・マネジメント本部では、学習院大学国際社会科学部教授の伊藤元重
氏をお招きし、UBS経済フォーラムを開催する運びとなりました。

伊藤元重氏は経済学の教鞭をとられるほか、経済学者として税制調査会委員、復興推進委員会
委員長、経済財政諮問会議議員を務めるなど数々の要職に就かれています。
本フォーラムでは、現在の日本経済について、経済財政諮問会議議員として経済財政政策の中
枢にいる伊藤元重氏に、「日銀マイナス金利導入後の日本経済」と題し、今年日銀が導入しました
マイナス金利に伴う経済効果および今後の見通しをお話いただきます。
また第二部では、「向かう先はデフレか?今後の日本の行方」として、UBS証券株式会社ウェルス・
マネジメント本部 チーフ・インベストメント・オフィス アナリストの居林通を対談相手に、デフレが懸
念される日本の実情、また今後の動向を探ります。

日  程:2016年5月31日(火)
会  場:グランド・ハイアット東京 (東京都港区六本木6-10-3)
受付開始:午後6時
開  会:午後6時30分
懇親会:午後8時~午後9時30分
※満席になり次第、受付を終了させていただきますので予めご了承ください。

講師のご紹介

伊藤元重氏

学習院大学 国際社会科学部 教授

税制調査会委員、復興推進委員会委員長、経済財政諮問会議議員、社会保障制度改革推進会
議委員、公正取引委員会独占禁止懇話会会長などの要職を務める。著書に、『入門経済学』(日
本評論社、1版1988年、2版2001年、3版2009年、4版2015年)、『ゼミナール国際経済入門』(日本
経済新聞出版社、1版1989年、2版1996年、3版2005年)、『ビジネス・エコノミクス』(日本経済新聞
出版社、2004年)、『ゼミナール現代経済入門』(日本経済新聞出版社、2011年)など多数。

居林通氏

UBS証券株式会社ウェルス・マネジメント本部
チーフ・インベストメント・オフィス
ジャパン エクイティ リサーチ ヘッド

米国エモリー大学ゴイズエタ校にてMBA取得。証券アナリスト協会検定会員。
ベアリング・アセット・マネジメントにてシニア・インベストメント・マネージャー、また日興アセットマネ
ジメントにてファンドマネージャーを務めた後、2006年9月にアナリストとしてUBS証券会社に入社し、
2010年9月より現職。株式、債券、通貨、オプションなどあらゆる資産クラスの運用畑における20
年を超える経験を活かし、現在ではグローバルなリサーチおよびボトムアップによる企業調査の
情報を個人投資家に届けることに注力。

「UBS投資一任運用サービスのご紹介」セミナー 申込受付中

スイス・プライベートバンクの伝統を継承するUBSが
世界の富裕層にご提供してきた「グローバル投資」を
日本のお客様へ。

UBS投資一任運用サービスは、UBSウェルス・マネジメントがグローバルで展開している富裕層のお客様向け投資一任運用サービスです。お客様のリスク許容度や投資目標に応じたポートフォリオの構築及び運用をお客様に代わりUBSが行います。
UBS投資一任運用サービスは、UBSウェルス・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)が策定したUBSハウスビュー(投資戦略)を基本方針とし、優れた投資商品の選定、ポートフォリオ・マネジメント、リスク管理といった資産運用に必要なサービスをご提供します。激動の時代に資産を守り育てていくためには、タイムリーに運用を見直し、金融情勢の変化に対応する日々の決断が重要です。
ビジネスやプライベートにご多忙なお客様が貴重な時間を割くことなく、かつ、変化の兆しを見逃さずに機動的な資産運用のできるUBSの投資一任運用サービスについて、本セミナーで詳しくご説明いたします。

日時

開催地

会場

2016年6月2日(木)

東京

大手町ファーストスクエア

2016年5月18日(水)

大阪

グランフロント大阪

2016年5月19日(木)

名古屋

会場未定

UBS

金融立国スイスの伝統を継承し、スイス・プライベートバンクとして一昨年150周年を迎えたUBSの歴史、企業概要、UBS銀行ウェルス・マネジメントのご提供する金融商品・サービスや、特徴的なサービスについてご紹介させていただくセミナーを開催いたしております。UBSが、長年にわたり培ってきた富裕層向けサービスの特徴をご紹介させていただき、理解を深めていただくためのセミナーです。
長期的に付き合えるプライベートバンクをお探しの方、ぜひご参加ください。

日程

開催地    

会場

プログラム

2016年5月24日(木)

東京

大手町ファーストスクエア

午後6時 開場
午後6時30分~7時40分 セミナー
スイス・プライベートバンクのご紹介
特別講演「日銀マイナス金利導入後の日本経済とアベノミクス」
午後7時40分~ 懇親会

2016年5月27日(金)

名古屋

市内ホテル

午後6時 開場
午後6時30分~午後7時40分 セミナー
スイス・プライベートバンクのご紹介
特別講演 「日銀マイナス金利導入後の日本経済とアベノミクス」
午後7時40分~ 懇親会

その他の地域での開催につきましては個別にお問い合わせください。

スイス・プライベートバンクのご紹介内容

  • UBSの歴史や特徴
  • UBS銀行ウェルス・マネジメントの特徴
  • 豊富な金融商品ラインアップやソリューション
  • 企業オーナー・ファミリー向けサービスやイベント

懇親会
スイスワインなど、スイスの味をお楽しみいただきます。この時間に、皆様からのご質問にもお答えいたします。

お申し込み:

  • イベント申込フォームに必要事項をご記入のうえ、送信してください。
  • お申し込みは先着順で受けさせていただきます。定員に達し次第締め切らせていただきます。
  • 参加の可否は、お申し込み受信後、UBS銀行よりご連絡させていただきます。

本セミナーは、口座開設をご検討いただける方を対象としております。尚、UBSウェルス・マネジメントのサービスは、日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れいただける方を対象とさせていただいております。

本ウェブサイトに記載のセミナーでは、ご紹介するテーマに関連して金融商品等の勧誘を行うことがございますので予めご了承下さい。これらの商品等へ投資される場合は、所定の手数料がかかります。また、各商品等には市況・価格の変動等によって投資元本に損失を生じる恐れがあるものも含まれます。上記の手数料等およびリスク等は商品毎に異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面またはお客様向け資料等を十分お読み下さい。

ユービーエス・エイ・ジー(銀行)東京支店 登録金融機関:関東財務局長(登金)第605号、加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

 

激動の時代を読み解き、世界の変化の方向性を見極めるための「情報」の提供。それもUBSウェルス・マネジメントの使命です。世界経済や金融市場の見通し、欧州の債務問題、台頭する新興市場の分析はもちろん、文化芸術、スポーツ、教育に至るまで多岐にわたるテーマの講演会やセミナーを開催しています。

各界のリーダーによる講演(過去の主な開催実績)

竹中平蔵氏、辛坊治郎氏、佐山展生氏、岸博幸氏、野口健氏、古田敦也氏、吉岡徹治氏(石川遼元コーチ)など

UBS証券トップアナリストによるセミナー(過去の主な開催実績)

沖野登史彦氏による「不動産市場の分析」、吉田達生氏による「自動車市場の見通し」、
その他トップアナリストによるセミナーを多数開催

UBSは現代作家の作品を中心に35,000点以上を所蔵し、企業の現代アートコレクションとしては世界有数の評価を受けている<UBSアートコレクション>を展覧会などで世界各地で公開しているほか、新進気鋭のアーティストの活動に協賛し、日本のお客様に紹介する機会を積極的に設けています。
音楽の分野では、UBSはオーケストラや音楽祭の協賛を中心に、幅広い支援を行っています。2010年からは伝説のピアニスト、ヴァン・クライバーン氏が“奇跡”と賞賛した辻井伸行氏のピアノリサイタルツアーを特別協賛。多くのお客様に、情熱的な演奏をお楽しみいただいています。
また、UBSがグローバルで力を注ぐのが、スポーツの振興。2010年からはF1のグローバル・パートナーになりました。他にもお客様をお招きし、ゴルフなどのスポーツをお楽しみいただくプログラムを実施。UBSはアート、音楽、スポーツに触れる機会を提供し、お客様のライフスタイルに彩りを添えていきます。

UBSの世界における主なスポンサーシップ活動

<現代アート>

UBSアートコレクション

アート・バーゼル(スイス)

アート・バーゼル・マイアミビーチ(米)

アート・ギャラリーNSW(オーストラリア)

バイエラー財団美術館(スイス)

<クラシック音楽>

北京音楽祭(中国)

ルツェルン音楽祭(スイス)

ボストン交響楽団(米)

ラヴィニア音楽祭(米)

ブレゲンツ音楽祭(オーストリア)

ユタ交響楽団(米)

カザルス音楽祭(プエルトリコ)

チューリッヒ・バレエ(スイス)

国際モーツァルテウム財団(オーストリア)

チューリッヒ・オペラ(スイス)

ロンドン交響楽団(英)

 

<スポーツ>

THE PLAYERS チャンピオンシップ(米、ゴルフ)

Athletissima(スイス、陸上)   

F1(モータースポーツ)

 

UBSは、日本のNPOなど様々な組織とパートナーシップを結び、教育や環境といった幅広い分野での社会的課題の解決に資する活動を通じ、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

グローバルな視点からフィランソロピーに興味をお持ちのお客様に、具体的な社会貢献活動の情報を提供することもUBSウェルス・マネジメントの役割のひとつです。お客様のご意向に合ったフィランソロピー活動の機会を紹介するセミナーを開催し、お客様との橋渡しを行っています。

また、次世代教育として、ご子息の国際教育をお考えのお客様へスイスのボーディング・スクール等のご紹介や、事業の後継者となるご子息を対象に、金融・経済に関する幅広い知識と情報を提供するとともに、海外富裕層とのネットワークのきっかけとなるUBS独自の教育プログラムを実施しています。