UBSグローバル不動産バブル指数 グローバル不動産

 

2017年9月

Chief Investment Office WM

「バブルのリスク」は、2016年大きく上昇したトロントで最も高まっている。ストックホルム、ミュンヘン、バンクーバー、シドニー、ロンドン、香港はいずれも「バブルのリスク」領域に位置しており、アムステルダムも2016年の「割高」領域から今回仲間入りをした。

ミュンヘン、トロント、アムステルダム、シドニー、香港では、住宅価格の上昇率 が昨年1年間だけで10%を超えました。1年で10%ずつ伸びれば7年で倍にな る計算となり、これが長続きするとは思えません。しかしながら、更なる値上 がりで買えなくなるのではないかとの不安を、多くの住宅購入者は抱いています。 確かに、住宅価格は合理的に値上がりしているようにも見えます。その理由は3つ あります。

House View レポートの紹介

  • Global Forecasts Global Forecasts

    主要国/主要市場の成長率、インフレ率、金利、通貨、コモディティについてのUBS CIOの予測を毎週更新。 更に読む

    • 03 12 2019
  • 日本株式 強気相場の賞味期限に注意

    魅力的なバリュエーションを踏まえ、我々は2019年4月以降、グローバル資産配分で日本株式をオーバーウェイトとしてきた。だが、こうした割安感は薄れてきたとみている。とはいえ、企業業績は回復基調にあることから、今後3カ月は日本株式のポジションを減らしていた海外投資家の買いが続くと見る。2020
    年のマクロ経済環境は引き続き予断を許さないものであるため、我々はポートフォリオを見直し、必要な調整を行うことを推奨する。
    更に読む

    • 15 11 2019
  • Monthly Letter 12月号 マスカティーンへの曲りくねった道

    株式相場がこの1カ月で上昇したのは、アイオワ州マスカティーン近くの凍えそうな農場で、習近平中国国家主席がトランプ大統領と会談し、米国産大豆購入という400億米ドルの小切手を携え全世界のメディアの前でポーズを取るといったシーンを多くの投資家が期待しているからだ。 更に読む

    • 14 11 2019

資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。