日本 「アベグジット」のリスクとその影響

市場は森友学園問題の進展に伴い、アベノミクスが終わりを迎える、いわゆる「アベグジット」のリスクに着目している。安倍首相が辞任した場合、円はどう反応するのであろうか?

21 3 2018

2018年3月21日

Chief Investment Office WM

Teck Leng Tan, CFA, Analyst ;Thomas Flury, Strategist

  • 安倍政権の支持率が森友学園問題の進展により低下している。安倍首相が辞任となれば、円は条件反射的に上昇するとみている。
  • 一方、中期的な影響は次期首相によって大きく異なってくる。安倍首相と同様にリフレ・スタンスを維持するのであれば、円には一定の安定感が生まれるものと考える。
  • 政治リスク以外では、円が過度に売られてきたこと、日本の経済情勢が明るいことから、我々は円に対して引き続き強気である。ドル円の3カ月予想を102円、6カ月予想を100円、12カ月予想を98円に据え置く。

アベグジットのリスクとその影響

市場は森友学園問題の進展に伴い、アベノミクスが終わりを迎える、いわゆる「アベグジット」のリスクに着目している。安倍首相が辞任した場合、円はどう反応するのであろうか? 我々は円がひとまず条件反射的に上昇するとみている。一方、中期的な影響は次期首相によって大きく異なってくる。

短期的な市場の反応は円が上昇するとみている。安倍首相は、積極的な財政政策、金融緩和政策(その過程で円は下落)により日本経済を浮揚させたとして広く評価されている。安倍首相が辞任となれば、当面市場は次期首相とその経済政策に注目するだろう。安倍首相の後継者が金融政策や財政政策に対してより慎重なスタンスをとるリスクがあることから、市場参加者は円ショートのポジションを減らし、これにより円高が進むと予想する。

中期的な市場の反応は、次期首相によって大きく異なる。最初の反応が落ち着くと、市場は次の首相候補に目を向けるものと思われる。今のところ、自民党内のポスト安倍候補(石破元幹事長、岸田政調会長、河野外相)は日銀の現行の金融政策の枠組みを概ね支持している。また、日銀・黒田総裁も自民党内では高く評価されている。こうしたことから黒田総裁がタカ派的な候補によって交代させられる可能性は低く、円は安定化するとみている。さらにまた、安倍首相が辞任となれば、2019年10月に予定されている消費増税は中止または延期される可能性も高まる。これにより日本市場への悪影響が弱まり、円の安定化に寄与するものと考える。

投資判断

収益機会: 日本の経済動向が改善しており、また日銀がいずれ金融政策の正常化を始めると予想されることから、円上昇の可能性が高いと考える。

負の影響: 95円に向けた急激な円高は、ディスインフレの影響を踏まえると、日本企業や日銀にとって大きな波乱材料となる。一方、ドル円が110円まで上昇すれば、非常に良いドル売りのタイミングになると考える。

リスク: 我々のドル円の見通しに対する主なリスクとして、米インフレ率の突然の上昇と米債利回りの急上昇が挙げられる。

為替レート予想:ドル円

21.Mar.18

21.Mar.18

in 3 m

in 3 m

in 6 m

in 6 m

in 12 m

in 12 m

PPP*

PPP*

21.Mar.18

106.00

in 3 m

102

in 6 m

100.00

in 12 m

98.0

PPP*

75.0


図表1:日銀がバランスシートの膨張を調整

日銀バランスシートの前年比推移

出所: Bloomberg、UBS、2018年3月21日現在


図表2:米ドル、ユーロ等他の主要通貨に比べて割安な円

米ドル、ユーロ、円の実質実効為替レート(REER)

出所: Bloomberg、BoJ、UBS、2018年3月21日現在

ファンダメンタルズの影響

Year

Year

Curr

Curr

GDP F

GDP F

CPI F

CPI F

3MLibor (1)

3MLibor (1)

10YYield (1)

10YYield (1)

Year

2018

Curr

USD

GDP F

2.7

CPI F

2.3

3MLibor (1)

2.9

10YYield (1)

2.9

Year

2019

Curr

USD

GDP F

3.0

CPI F

2.1

3MLibor (1)

-

10YYield (1)

-

Year

2018

Curr

JPY

GDP F

1.7

CPI F

1.3

3MLibor (1)

0.1

10YYield (1)

0.2

Year

2019

Curr

JPY

GDP F

1.1

CPI F

2.1

3MLibor (1)

NA

10YYield (1)

NA



House View レポートの紹介

  • Global Forecasts Global Forecasts

    主要国/主要市場の成長率、インフレ率、金利、通貨、コモディティについてのUBS CIOの予測を毎週更新。 更に読む

    • 12 11 2019
  • House View Weekly 金融政策の限界

    米中貿易摩擦は依然として相場の変動要因となっており、米中貿易交渉の第1段階の合意に向けて協議が進展した結果、先週は米国株式が過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)は先週利下げを実施したが、今後は金融政策が相場の方向性を決定づける可能性は後退したと考えている。 更に読む

    • 04 11 2019

資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。