Monthly Letter 4月号 MMTをめぐる論争

今月初め、ブルームバーグが「MMTウォーズが始まった」と題し論評を掲載した。経済理論に関する論争を、映画「スター・ウォーズ」のジェダイ・マスターであるヨーダのような論争と捉え、MMT(現代貨幣論)とスター・ウォーズの銀河戦争を結びつけるのは、奇妙にも聞こえる。しかし、MMTに関する論争は、投資家のポートフォリオに重大な影響を及ぼすことには変わりない。

21 3 2019

今月初め、ブルームバーグが「MMTウォーズが始まった」と題し論評を掲載し た。経済理論に関する論争を、映画「スター・ウォーズ」のジェダイ・マスターで あるヨーダのような論争と捉え、MMT(現代貨幣論)とスター・ウォーズの銀河 戦争を結びつけるのは、奇妙にも聞こえる。しかし、MMTに関する論争は、投資 家のポートフォリオに重大な影響を及ぼすことには変わりない。

MMTの支持者は、自国通貨を印刷することで自国通貨建て負債を補てんする 政府には、通常の債務者のような財政破綻はあり得ず、支出を賄うために課税 や借り入れをする必要すらないと主張する。国が出費したければ、「通貨」をも っと刷ればいいというわけだ。この枠組みでは、財政赤字は過度な支出の兆候 にはならない。その役割を果たすのはインフレ率だ。つまり、経済で使える資源 を使い果たし、インフレ率が上昇するまでは、財政赤字の拡大は問題ではない と考える。

民主党の大統領候補指名レースに参加している人々の中には、MMTを裏付け とする「雇用保障」、つまり連邦政府が資金を提供する政府雇用創出プログラ ムを支持している者もいる。民主党のオカシオコルテス下院議員は、気候変動 問題への取り組み「グリーン・ニューディール法案」の資金源としてMMTの使 用を提案している。

MMT論争は、左派政治家にとどまっていない。トランプ大統領は米連邦準備 理事会(FRB)による金融引き締め策に批判的で、完全雇用に近い良好な経済環 境をめざし財政赤字を拡大させてきた。トランプ大統領の経済政策アドバイザ ーを務めるラリー・クドロー氏は今月、「高成長政策の実施にあたっては、必ず しも財政赤字を気に病む必要はないと思う」と述べた。



資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。