UBS House View Monthly Letter 5月号

 

19 4 2018

2018年4月19日

Chief Investment Office WM

2018年のグローバル株式市場は、1日の変動幅が1%を超えた日をすでに17 回経験している。これがわずか3日だった2017年とは様変わりだ。もっとも、年 初来で株価変動は10%内に収まっており、株価水準も本稿執筆時点ではさほ ど変わっていない(図表1)。変動が多く、方向性のないトレーディング・パター ンをもたらした要因としては、少なくとも3つの側面(地政学、貿易、金利)での 不透明感の高まりが考えられる。


House View レポートの紹介

  • Global Forecasts Global Forecasts

    主要国/主要市場の成長率、インフレ率、金利、通貨、コモディティについてのUBS CIOの予測を毎週更新。 更に読む

    • 12 11 2019
  • House View Weekly 金融政策の限界

    米中貿易摩擦は依然として相場の変動要因となっており、米中貿易交渉の第1段階の合意に向けて協議が進展した結果、先週は米国株式が過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)は先週利下げを実施したが、今後は金融政策が相場の方向性を決定づける可能性は後退したと考えている。 更に読む

    • 04 11 2019

資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。