サステナブル投資 サステナブル投資の見通し

2020年4-6月期(第2四半期)のサステナブル戦略は、第1四半期に引き続き、伝統的な投資手法をアウトパフォームしている。新型コロナウイルス危機下で、社会的問題が企業にとって財務的マテリアリティ(重要課題)であることが実証されるなか、投資家の社会(S)ファクターに対する注目度が高まっている。

2020年 7月 27日
  • 2020年4-6月期(第2四半期)のサステナブル戦略は、第1四半期に引き続き、伝統的な投資手法をアウトパフォームしている。
  • 新型コロナウイルス危機下で、社会的問題が企業にとって財務的マテリアリティ(重要課題)であることが実証されるなか、投資家の社会(S)ファクターに対する注目度が高まっている。
  • 世界のインパクト投資市場は今年も急成長を続けており、市場規模は7,150億米ドルに達している。

第2四半期もサステナブル戦略はアウトパフォーム

サステナブル投資は、市場が大きく混乱した2020年1-3月期(第1四半期)にレジリエンス(耐性)の高さを示したが、続く第2四半期も伝統的な投資手法をアウトパフォームした。

第2四半期のパフォーマンスについては、モーニングスターがサステナブル関連株式ファンドに分類した212のファンドのうち56%が、同社の各カテゴリーを上回った。年初来累計では、サステナブル関連ファンドの72%が同社の各カテゴリーのパフォーマンス上位50%にランクインしている。こうした運用成績の好調さは、サステナブル指数にも示されている。MSCI ESGリーダーズ指数シリーズは、各カテゴリーの親指数をアウトパフォームした(図表1参照)。モーニングスターによると、第2四半期はグローバル・サステナブル指数に連動する26のファンドのうち18ファンドが、各カテゴリーの親指数を上回るパフォーマンスを計上し、年初から見ると、全26ファンドが親指数をアウトパフォームした。1

モーニングスターによると、第2四半期のサステナブル指数ファンドのパフォーマンスをけん引した主な要因は「個別銘柄の選定」であり、米国株式ユニバースのパフォーマンスに112ベーシスポイント(bp)寄与した。サステナブル戦略では、従来の指数に対してテクノロジー銘柄をオーバーウェイトに、エネルギーをアンダーウェイトにする傾向にある。テクノロジー銘柄の投資比重を高めたことで、米国株式のサステナブル指数ファンドのパフォーマンスに24bp寄与した。

第1四半期はS&Pエネルギー指数のパフォーマンスがS&P500種株価指数を上回る結果となり、エネルギー銘柄のアンダーウェイトは全体のパフォーマンスを13bp押し下げた。このようにセクター配分を調整した影響もあったが、環境・社会・ガバナンス(ESG)スコアの高い銘柄を選定して投資したことが、サステナブル投資ファンドの相対パフォーマンスの重要なけん引役となった。

また今年上期は、「特化型」のサステナブル投資戦略もアウトパフォームした。今年前半は環境、ジェンダー、農業、代替エネルギーなどのテーマに基づくESGテーマ指数がいずれも、従来の指数を上回るパフォーマンスとなった。

サステナブル債券戦略は、幅広い種類の債券にわたり底堅いパフォーマンスを示した。年初からのICE BofAグリーンボンド指数の絶対パフォーマンスは4%となった。国際開発金融機関(MDB)中期債の米国債に対するスプレッドは約15bpと、引き続き魅力的な水準にある。市場の混乱とリスクプレミアムの拡大がピークとなる中、グリーンボンドとMDB債は分散ポートフォリオの中でディフェンシブ戦略として機能した。

要点

  • サステナブル戦略は、急落と急反発という2つの対照的な市場環境を通じて底堅く推移した。不透明感とボラティリティ(変動率)が高まる相場環境の中でディフェンシブ性を発揮しただけでなく、市場が急回復する局面でも相対的なアウトパフォーマンスを維持できた。
  • サステナブル投資は、引き続き魅力的な潜在リターンを提供する。コロナ危機からの経済復興を気候変動対策と共に進める「グリーン・リカバリー」に対し、多くの政策当局が支持を示しており、これがサステナブル投資を下支えすると見込まれる。
  • グリーンボンドとMDB債が引き続きディフェンシブ性を示す一方、足元の投資環境ではESGハイイールド債が魅力的なクレジット投資機会をもたらすと期待される。
  • 年初来のパフォーマンスは、グロース株とクオリティ株の比重が高いESGリーダーズ戦略がけん引してきたが、多様な戦略を採用すれば、さまざまなタイプの企業や地域に投資を分散できる。

House View レポートの紹介



資産運用はUBS証券へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。

UBSウェルス・マネジメントのご口座開設のお問いあわせはUBS SuMi TRUST ウェルス・アドバイザリー株式会社*が承ります。

(受付時間:平日9時~17時)