ElectionWatch セクターへの影響

我々は60%の確率で民主党が下院で過半数をわずかに上回る議席数を獲得し、共和党が上院の過半数を引き続き握るとの見方を維持する。民主党が下院を制すれば、議会膠着が深刻化し、重要法案が期限直前までの交渉を経て可決する可能性が高まる。これは短期的に市場を混乱させるだろう。対照的に「共和党勝利」のシナリオは市場にとってプラスとなるだろう。

29 10 2018
  • 我々は60%の確率で民主党が下院で過半数をわずかに上回る議席数を獲得し、共和党が上院の過半数を引き続き握るとの見方を維持する。これは中間選挙結果の歴史的標準である。
  • 民主党が下院を制すれば、議会膠着が深刻化し、重要法案が期限直前までの交渉を経て可決する可能性が高まる。これは短期的に市場を混乱させるだろう。対照的に「共和党勝利」のシナリオは市場にとってプラスとなるだろう。
  • 当レポートでは、米国株式の各セクターへの潜在的な影響に注目する。主に分断された政府の下での法案成立には限界があるとの理由から、全体の影響は限定的だと予想している。しかしながら金融と資本財セクターは選挙結果次第である程度の影響を受けると予想される。

全ては支持層次第

米中間選挙は最終局面を迎える中、主な変動要因となるのが、正確に予測することのできない投票率だ。11月6日の投票日に向け、有権者の間で大きな盛り上がりがあることは確かだが、過去のデータに基づけば、投票率は2016年の選挙よりも大幅に下がると予想される。平均投票率は大統領選の56%に対して、中間選挙は39%である。しかしながら投票率の落ち込みは一様ではない。従ってどちらの党がより多くの支持者に投票させることができるかが大きな問題となる。近年の中間選挙で、民主党が共和党よりも大きな敗北を喫している理由の1つに、民主党支持者の投票率の落ち込みがより大きいことがある。2010年と2014年の中間選挙では、民主党はその前の大統領選に投票した支持者の約半分しか投票所に足を運ばせることができなかった。共和党ではこの割合は3分の2となる。




資産運用のご相談・お問い合わせはUBS銀行へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。