海外市場と経済

  • Blog FRBが3会合連続利下げ

    米連邦準備理事会(FRB)は10月30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを25ベーシスポイント(bp)引き下げ、1.50~1.75%とすることを決定した。これは予想通りの動きで、相場の変動はほとんど見られなかった。 更に読む

    • 30 10 2019
  • グローバル・リスク・レーダー 政治的影響が再び高まる

    金融市場で政治的要因による影響が高まっている。のしかかる貿易紛争の影響、中東での緊張再燃、米大統領選挙、トランプ米大統領の弾劾調査など、2020年も状況は変わらないと考える。投資家には、政治動向に対する判断に基づき急いで投資ポジションを固めるのではなく、政治ニュースを消化しながら段階的に投資を進めていくアプローチを勧める。 更に読む

    • 02 10 2019
  • ElectionWatch 激動の世界の中で

    トランプ政権は多くの国際的な問題を抱えている。中国との貿易紛争、激化するイランとの舌戦、サウジアラビアの油田への脅威、アフガニスタンでのタリバンの再台頭などが挙げられる。これらの重要問題が、候補者たちの討論のテーマになるのは時間の問題だ。 更に読む

    • 24 9 2019