CIO Videoセミナー

コロナ危機におけるUBSの市場分析・投資アプローチを日本のCIOエコノミストとアナリストが語る(月2回予定)。


講師

青木大樹

UBS証券株式会社 ウェルス・マネジメント本部
チーフ・インベストメント・オフィス
日本地域最高投資責任者(CIO) 兼日本経済担当チーフエコノミスト

関連レポート

Monthly Letter 6月号

感染の「第2波」か、市場の追い風の「第2風」か?

市場の追い風となる「第2風」を捉えるためには、投資家の間で、感染の「第2波」が新たな都市封鎖につながらないとの確信が高まらなければならないと我々は見ている。現在の経済状況が弱くとも、市場は先を見据えており、投資家が力強い回復が定着すると確信すれば、相場がさらに上昇する可能性が高い。


日本経済

コロナ禍による日本経済の変化

日本の経済活動が再開することから、民間の消費は5月に底を打つと考える。大規模な補正予算にも下支えられて、景気は今後徐々に回復に向かうと予想する。長期的には、今回のコロナ禍を契機に、さまざまな業界で新たなテクノロジーの利用が加速し、また健康や衛生への意識も高まるだろう。こうした新しい環境に適応できる企業とそうでない企業との差別化も進むだろう。


過去のセミナー紹介

14 May 2020

第2回:株式市場の回復は続くのか?

新型コロナによって大きく下落した株式市場はその後反発局面に入りましたが、この勢いがどこまで続くのか?、そして、最近の業種別のパフォーマンス格差は何を意味するのか?、さらに、年末から来年にかけての株式市場の展望についてご説明致します。

講師:居林通

関連レポートリンク


30 April 2020

感染ピーク後のシナリオ

市場の関心はコロナ感染ピーク後に移っています。UBSが考える感染ピーク後のシナリオと今後の市場の焦点、そして投資家への対応策についてご説明致します。

講師:青木大樹

関連レポートリンク

House View レポートの紹介


資産運用のご相談・お問い合わせはUBS証券へ

UBSウェルス・マネジメントでは、富裕層のお客様の資産管理・運用を総合的にサポートしております。日本においては、2億円相当額以上の金融資産をお預け入れくださる方を対象とさせていただいております。

本セミナーご参加についてのお知らせ事項

商号等:UBS証券株式会社、金融商品取引業者登録: 関東財務局長(金商)第2633号

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会 

本セミナーで触れる株式・債券等の金融商品は市況・価格の変動等によって投資元本に損失を生じるおそれがあります。また、お取引には所定の手数料等がかかりますが、手数料等は商品ごとに異なりますのでここには記載できません。お取引の際には、当該商品等の契約締結前交付書面・お客様向け資料等を十分お読みください。