ウェルス・マネジメント本部 Wealth Management

所属: ウェルス・マネジメント本部
入社: 2014年

Q. 仕事内容について教えてください

ウェルス・マネジメント本部大阪出張所で、クライアント・アドバイザー (以下CA) としてお客様を担当しています。
UBSのCAは、一人一人が自立したプロフェッショナルとして行動しており、どうすればお客様のお役に立てるのか、日々懸命に考えながら仕事をしています。大阪オフィスはお互いの顔が見渡せる距離感なので、スタッフ同士は活発にコミュニケーションを取ることができ、いつも良い刺激を受けています。
UBS入行以前は新規開拓の経験はほとんどなく当初は大変不安でしたが、上司や同僚からのサポートはもちろん、各部署の精鋭スペシャリストの皆さんとも協働しながらUBSグループの知を結集することで、多くのお客様と出会い、お取引を開始していただくことができました。
担当するお客様とは金融に関するご相談にとどまらず、資産・事業承継や社会貢献活動、ご家族の海外留学やプライベートな趣味の話題まで、幅広い分野でお話しさせていただけるのが何よりの魅力です。

Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか?

前職では米国銀行の個人金融部門で、富裕層のお客様専任のコンサルタントを経験しました。そこではお客様にも恵まれ日々充実していたのですが、プライベート・バンカーとしてステップアップしたいと考え始めていた所、尊敬するUBS社員の方から声をかけていただき、入行に至りました。
大阪オフィスでは初の女性CAということで当初はプレッシャーもありましたが、UBSの高いブランド力と、チームメンバーや各部署のスペシャリストからのサポートもあり、徐々にお客様の輪が広がってきています。
また、プライベート・バンカーはお客様毎の個別のニーズにきめ細かく対応することが求められますが、女性ならではのしなやかさや、きめ細やかな気配りがとても役に立つ仕事だと感じています。

Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

原動力となっているのは、素晴らしいお客様との出会いです。
プライベートバンクのトップブランドであるUBSだからこそ、お会いいただけるお客様は多くいらっしゃいます。
一流のお客様との出会いは本当に刺激的であると同時に、自分の未熟さを痛感する場でもあります。だからこそ、自ら学び、実践し、少しでもお客様のお役に立てるよう常に自己研鑚に励まなければなりません。新たな挑戦には常に自身の成長が保証されていると思います。
担当CAとしてお客様に認めていただくことで、結果としてビジネスチャンスが広がることは大きな喜びですが、やはりUBSのCAでなければ接することができなかった素晴らしいお客様ともっと出会いたいというのが一番のモチベーションです。