ウェルス・マネジメント本部 Wealth Management

所属: ウェルス・マネジメント本部
入社: 2007年

Q. 仕事内容について教えてください

クライアント・アドバイザー(以下CA)として、金融資産を一定額以上保有なさるお客様を対象に、保有資産の管理や運用、経済環境に合わせた活用手法などをアドバイスしています。自らの経験や人脈はもちろん、社内各部署のスペシャリストやグループリレーションなども活用し、お客様にとって最適な判断・意思決定となるようにお手伝いすることが仕事です。
例えば上場企業創業者やファミリーのお客様にとって、最も大きな割合を占める個人資産は自社の株式です。自社の株式価値が上昇することは創業ファミリー一族にとって最も効果的な投資となり得ます。個人資産の運用だけではなく、投資銀行や事業法人の担当者とはまた異なる視点から、創業ファミリーが所有する価値ある「財産・資産」として、本業ビジネスの成長・課題解決・スケールアップなど、時にグループのリソース等を活用してご提案します。
「目先の損得だけではなくお客様とそのファミリーにとって長期的な視野で最適な選択となること、新たな視点や選択肢を提供できること」を常に意識しています。

Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか?

大学時代の就職活動時期から常に変わらない判断軸が2点あります。
1点目は、厳しい環境で新たにチャレンジできる土壌があること。
2点目に、成果に対しフェアに評価される組織であること。
この2つを意識して新卒で入社した日本の証券会社では4年間、証券金融マーケットとお客様に対峙する上での基礎的なことを多く学びました。その中で「もっとじっくり一人一人のお客様に付加価値を提供できるお付き合いをしたい」と考えていたタイミングでお声掛けいただいたことがUBSへ入社したきっかけです。
2007年にジュニアCA育成プログラム1期生として入社しました。1年間、国内外でしっかりとトレーニングをさせていただき、先輩の背中を見ながらOJTを経て実務に就くという恵まれた環境があったことも大きいです。

Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

ブランドとノウハウを持ちながらもチャレンジングな土壌があること、会社からもプロフェッショナルとして裁量を認められている実感があること、です。
UBSはベストプライベートバンクとしてグローバルランキングのトップに選ばれるブランドと実績を持っています。一方、日本は富裕層を多く抱えるマーケットでありながら、このビジネスの魅力がまだ最大限に発揮されていないと感じています。UBSは150年を超える伝統を誇り、世界では名立たるファミリーを顧客に持ちながらも、日本でこのビジネスの本当の良さをもっともっとご理解いただくのはこれからではないでしょうか。UBSが日本でこのビジネスを本格スタートして今年で12年です。お客様の多くはお付き合いして7-8年、ファミリーやお孫さんの世代まで信頼関係が築けた頃から初めて、「何かあったときに真っ先に思い浮かべる相手」として、事業からご家族関係、趣味や資産に対する本音、悩み、様々なことをご相談いただける機会が出てくるからです。
積み重ねてきたUBSブランドとノウハウ、日本ではそこに「日本でUBSのウェルス・マネジメント・ビジネスを根付かせていく」という自分にとってチャレンジングな土壌があることに何よりわくわくします。
もう一点、私たちウェルス・マネジメントの部署は、自らがこのUBSで働きたいと強く望んでこの場にいるプロフェッショナルの集まりです。様々な面でマネジメントもそのように制度設計されていると感じます。
一定の結果は当然求められますが、そこに至る手段や取引プロセス、社内外リソースの利用、幅広いビジネス領域のどこに重点を置くか等、多くの裁量が与えられています。入行して9年経ちますが、ビジネスの対象となる領域は広く、自ら動けば動くほど奥の深い世界です。