管理部 Group Operations

所属: 管理部
入社: 2011年

Q. 仕事内容について教えてください

オペレーショナルリスク管理を担当しています。オペレーショナルリスクとは、決済実務、事務、システム、法務・コンプライアンスリスク等を含んでいます。全てのビジネスはリスクと背中合わせですので、いかにリスクの発生を未然に防ぐか、事故発生時にどう影響を最小限に抑えるか、同様な事態を回避するために何をすべきか、といった事項に対する枠組み作りや、リスク事象への対応策の検討・アドバイスを行っています。
金融分野における新たな規制・法令がグローバルで次々と導入されている昨今、リスクコントロールに対する必要性、関心度が高まってきていると感じています。UBSがクライアントフォーカスなビジネス展開を継続していくための、重要な役割の一部を担うものとの意識を持って日々仕事に臨んでいます。

Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか?

「一緒に働きたい!」と思う人がたくさんいると同時に、「こういうところで働きたい!」と思う環境があるからです。役職や部署に関係なく、仕事もプライベートも話せるメンバーがいることや、そういったオープンな環境が整っていることは大きな魅力です。仕事の場面では、新たなアイディアや挑戦をサポートしてくれる環境があります。
また、UBSでは社会貢献のプログラムが充実していることが挙げられます。「まずは参加してみよう」という気持ちで始めたボランティア活動を通じて得ることのできた、部署・役職・会社の垣根を越えたネットワーク、多くの方々とのふれあい、活動を通じて得られたたくさんの経験と笑顔はかけがえのない財産です。ここで知り合えたメンバーは、ボランティア活動・仕事・プライベートと何でも一生懸命な方が多く、とても良い刺激になり、たくさんパワーをもらっています。

Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

自分の可能性を伸ばしたいという気持ちだと思います。新しい経験にはいつでもチャレンジが伴いますが、それだからこそ成長できると思っています。これまでのキャリアで培われた知識・経験はありましたが、日系金融機関からの転職、さらには新たな業務分野への挑戦でしたので、ほぼ一からのスタートでした。入社4年後には前任者のアメリカ異動に伴い、リスク担当への転身を勧めらました。こちらも初めての分野でしたので正直なところ不安はありましたが、当時メンターだった先輩の後押しもあり、成長のチャンスだと考え引き受けることを決意しました。一年経った今でもまだ初めて向き合う課題が多くありますが、チームの仲間、部署内外の同僚・先輩・上司など多くの方に支えられここまで来ることができました。信頼されるリスク担当となれるように勉強と挑戦の日々です。また、チームメンバーは全員海外にいるため、全てのコミュニケーションはビデオ電話、メールに限られています。そうした環境の中で、効率的かつ効果的なコミュニケーション方法をTrial and Error を通じて学んでいます。グローバルな環境でこそ得られるスキルでもあり、こうした少しずつの前進の積み重ねが原動力となっていると思います。