株式本部 Equities

所属: 株式本部株式営業部
入社: 2008年

Q. 仕事内容について教えてください

日本株のリサーチセールスとして2008年に新卒で入社し、その数年後から外国株のセールスも担当するようになりました。お客様はヘッジファンドや信託銀行、アセットマネジメントなど機関投資家と呼ばれる金融機関で、日本株式もしくは外国株式を運用しているファンドマネジャーやアナリストなど、いわゆる運用のプロの方々です。そういったお客様に日々マーケットの情報をお伝えし、UBSのアナリストが分析した調査内容を提供することに加えて、世界の最新ニュースから個別株式の業績影響を自ら考え、顧客の投資スタイルに合った情報や投資アイディアを的確なタイミングで提供することが主な業務です。これに付随して、今後投資材料になりそうなテーマに沿ったスピーカーを招いたお客様向けの勉強会の企画を立てたり、海外の企業が日本の投資家を訪問したいという依頼があればそのアレンジをしたりすることもあります。機関投資家が投資判断をする際に役立つサービスや情報を、網羅的に提供することが私の仕事です。


Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか?

UBSを選んだ理由、そして今まで働き続けている理由は、働いている「人」が素晴らしいからです。平日には家族よりも長い時間を一緒に過ごす同僚達が尊敬でき刺激をもらえる人達でなければ、今まで続けることはできなかったと思います。外資系の金融機関は景気の変化に沿って人も流動的に動くイメージが強いと思いますが、UBSでは新卒、中途採用問わず、比較的勤続年数が長いのが特徴だと思います。社内イベントやボランティア活動が多いため部署を越えたコミュニケーションがありますし、マネジメントからは長期的な視点で人を育てようとする思いが感じられます。

一人で勝つことよりもチームで勝つことが評価される体制があり、質の高いアナリスト・リサーチが世界で高く評価されているため、リサーチセールスとして働くには非常に恵まれている環境にあると考えています。


Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

「何か新しいことを知りたい。」「新しく学んだことを誰かと分かち合いたい。」「社会の仕組みをもっと知りたい。」そういった気持ちは昔から持ち続けていた気がします。機関投資家向けのセールスは、情報が溢れる環境の中で、自分が学んだ新しいことを顧客に提供することが仕事なので、自分の好奇心があればいくらでも知識を吸収することが出来ます。常に好奇心を持つことが良い結果に繋がる仕事というのは、世の中探してみてもなかなか見つけられないのではないかと考えており、この仕事に出会えたのはとてもラッキーだったと感じています。

厳しい環境に身を置いたほうが、自分自身が成長できると思っていることも挙げられます。海外への留学経験はありませんし、金融を専門に学んだこともなかったので、入社当時はいつになったら先輩のように仕事が出来るようになるのだろうか、と大きな不安と焦りを感じました。ただ、自分より遥かに優秀な人々が周りに多くいる環境の方が、ゴールを高く設定できます。少しずつでも、自分が成長していると感じられる場所で働けていること自体がモチベーションの一つなのかもしれません。

確かに金融業界は景気の浮き沈みに影響を受けますが、私たちは定年まで同じ仕事をすれば年金を十分もらえる世代ではありませんので、そもそも仕事に安定を求めるメリットはないと考えています。柔軟性を持って主体的に学び、自分に起こる変化を楽しもうと思えるプラス思考を持ち、今後も日々楽しく仕事をしていきたいと思います。