調査本部 Global Research

所属: 調査本部株式調査部
入社: 2003年


Q. 仕事内容について教えてください

私は株式調査部のリサーチアナリストとして、小売業界の調査を担当しています。担当する上場企業について、事業環境の調査や財務分析、経営陣やIR(投資家向け広報)への取材を通じて、企業業績と株価の予測を行い、国内外で株式運用を担当する機関投資家向けに投資アイディアとして提供する仕事です。一口に調査といっても、定量情報から定性情報まで、マクロ経済のデータ分析から企業財務分析まで、様々な視点や手法に拠って取り組んでいます。それぞれのアナリストによって強みとする分析手法は異なりますが、投資家のニーズに適した提案をタイムリーに提供することが求められます。企業業績や株価の予測に基づく投資アイディアの成否は株式市場で明らかになるので、プレッシャーはあるものの、フェアな評価を得られる仕事だと思います。


Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか?

就職活動中に出会った当時の株式調査部長の「日本の成長企業を海外投資家に紹介し、企業価値の向上につながるようにする仕事」との言葉に魅かれて、外資系金融機関のリサーチアナリストの仕事に興味を持ちました。また、UBSの学生向けの事業説明会では、様々なバックグラウンドの社員と垣根なく接することができ、和やかな雰囲気のオフィスだったことも印象に残り、2003年に新卒社員として入社しました。アナリストとしての経験を積む中で、自らのキャリア・パスについて様々な選択肢も検討しましたが、その時々で抱えていた課題や悩みについて、多様な価値観を持つ上司や同僚に相談して柔軟に向き合い、打開策を見出したり納得したりすることができたので、UBSで働き続けています。今ではチームや社内の課題について、自ら改善点や解決策を提案して、UBSがグローバルでもローカルでもよりよい組織となるよう努力したいと考えるようになりました。


Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

「金融は経済の血液」と言われるように、株式市場の活性化は日本経済の成長に資するとの志をもってアナリスト業務に取り組んでいます。政府の成長戦略においても、コーポレートガバナンスの強化が重要課題の一つとして掲げられました。株式市場の関係者を含め、金融業界全体が企業の長期的な価値創造に向けて積極的な役割を果たしていく必要があるとの機運が高まっており、アナリストの責務も従来以上に重くなっていると身の引き締まる思いです。また、私が担当する小売業界では、テクノロジーの進化やグローバル化、人口動態の急速な変動に代表される諸要因によって様々な構造変化が起きており、新たな分析の切り口が出てくるということも、飽きることなくアナリストを続けている理由の一つだと思います。志をもって、知的好奇心をかきたて、そして、社会に提供した付加価値の対価としての評価を得て、これからも前向きに仕事を続けていきたいと考えています。