投資銀行本部 Corporate Client Solutions

CCS IK 1

所属: 投資銀行本部
入社: 2016年

Q. 仕事内容について教えてください

私が所属する投資銀行本部では、企業の合併や買収などに関する戦略的なアドバイスや、幅広い金融商品を使用した資金調達のソリューションを提供しています。私は現在、投資銀行本部内の株式資本市場部に所属しており、事業会社や金融機関、未上場企業など様々な顧客に対して、株式や株式関連商品を使った資金調達のサポートを行っています。こうした資金調達は、顧客にとっては数年に一度、あるいは一生に一度かもしれない大きなイベントですから、「お客様が本当に求めているものは何か」「その求めるものに最大限応えるべく我々は何ができるか」を念頭に置きながら、常に高いクオリティーの提案ができるよう日々勉強、切磋琢磨しています。

Q. なぜUBSを就職先に選んだのですか?

2016年にUBSに入社しましたが、そもそも経済や金融のバックグラウンドのなかった私がこの業界を就職先として選んだのは、「世界が大きく変わる瞬間をその当事者として近くで見てみたい」と思ったからです。世の中は日々めまぐるしく変化しており、経済主体のひとつである企業はその変化に柔軟に対応すべく、自身も変化することが求められます。そして、そうした企業の変化がまた世の中に大きな変化をもたらしていきます。そうした中で、企業が次のステージへと移行するには、M&Aや資金調達が重要なカギとなります。このように、「変わろうとする企業」を支えていきたい、と思ったことが私がこの業界を志望した理由でした。
そして、数ある投資銀行の中でもUBSを就職先として選んだのは、やはり「人」という要素が大きかったように思います。一緒に働く上司や同僚は、毎日顔を合わせて同じ目標に向かって突き進む相手ですから、「自分らしくいられるかどうか」が就職活動を行う中で私が重視したポイントでした。就職活動中、私は結構無口で大人しい学生だったと思うのですが(笑)、UBSの社員は私が何を考えているかにじっくり耳を傾けてくれました。そして、彼らから様々なアドバイスをもらう中で、「ここなら自分らしく働くことができる」と確信し、UBSを選びました。

Q. 働く上での原動力となっているものを教えてください

いかに成長できるか、だと思っています。UBSにいると、若手が成長できる機会に恵まれていることに気付きます。一方で、そうした機会を生かし切れず、私自身失敗したり後悔したりすることも頻繁にあります。ただそこで諦めて現状にとどまるのではなく、反省を次に生かして自分が成長できるか、毎日が挑戦です。できることの精度を上げるのはもちろん、できないことをできるようになりたいと思って日々取り組んでいます。

CCS IK 2
CCS IK 3