投資銀行本部 Corporate Client Solutions

Yasutomo Hirai

所属: 投資銀行本部
入社: 2013年

Q. 仕事内容について教えてください

投資銀行本部では、国内外の企業に対し、M&Aのアドバイザリーや資金調達のサポートを提供しております。UBSでは新卒で入社すると数年間は特定のチームに所属せず、様々な業界(セクター)や商品(プロダクト)に携わり、幅広い知識・経験を得ることができます。
私はこれまでプロダクトチームに携わることが多く、M&Aや公募増資、新規上場(IPO)案件を数多く経験してきました。若手として案件に携わることは非常に学ぶことが多い一方で、自分の力不足を感じる機会も少なくないですが、資料作成や顧客とのコミュニケーションなどを通じ、着実に実力を高めている感覚を得られる点が、この仕事の醍醐味のひとつだと感じています。
また、クロスボーダーM&Aやグローバル・オファリングでは、海外オフィスの仲間や海外の投資家とのコミュニケーションも日常的に発生し、非常に刺激的な日々を過ごすことができます。若手やシニア、あるいは海外の仲間達も垣根なくコミュニケーションを取れることが、UBSに身を置くことの魅力の1つだと思います。

Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか

「組織」、そして「人」の要素が非常に大きかったです。単に良い人の集まりではなく、一人一人がプロフェッショナルとしての自覚と誇りを有している点、そして個人の強みを発揮するだけではなく、チームとして個々の強みを寄せ合い、高め合い、クライアントに提供する価値を最大化している点が大変魅力的でした。
学生が外から企業を見るだけで、こうした魅力がどこまで把握できるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、UBSの社員を直接見て、話をすれば、分かって頂けるはずです。UBSの組織としての強みは、根幹にある価値観が社員全員に深く共有されており、目標に向かって全員が一丸となって歩んでいけることにあると思います。
Day 1からプロフェッショナルとしての自覚と振る舞いを求められるプロフェッショナル・ファームの世界に飛び込むことには不安もありましたが、何よりもこうしたUBSという素晴らしい場に身を置きたいという気持ちが強くなり、最終的にUBSを就職先として選択しました

Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

仲間、そしてクライアントです。投資銀行本部の業務は、短期間で結果が見えるものばかりではありません。何年間もクライアントと議論を重ね、実行に数ヶ月-年単位で時間を要するようなM&A、資金調達案件も稀ではなく、一人の努力だけで案件を成功に導くことは到底できません。学生時代には家族、友人、学校など、周りの助けに感謝することはあまり多くなかった私ですが、クライアントの熱い想いに突き動かされ、仲間や、時にはクライアントの助けを得ながら日々を送るうち、こうした周りの方々に感謝することが増えていきました。
こうした様々な方の想いに応えたいと思うこと、応えられるバンカーになりたいと努力することが、私の働く上での原動力になっています。

Yasutomo Hirai
Yasutomo Hirai