投資銀行本部 Corporate Client Solutions

所属: 投資銀行本部
入社: 2003年

Q. 仕事内容について教えてください

投資銀行本部において、消費財及び小売業界の顧客に対するアドバイザリー業務を担当しています。国内の飲料、食品、日用品や小売のお客様が国内外企業の買収を行う際、また組織再編をされる際のアドバイザリーを行うと共に、買収資金や資本の再構成を行う際の資金及び資本調達の引受業務を行っています。投資銀行本部の仕事は、財務・会計・税務・法務・コーポレートファイナンス等の基礎知識に加え、マクロ経済や深く幅広い担当業界に対する知識が必要とされます。それらの知識を活かしながら、顧客との密な対話を通じてニーズを把握した上で、顧客にとって意義のある戦略を推し進めるための善きアドバイザーであるために、日々マーケティング活動と企画・立案作業を行っています。実際に案件の執行が始まれば、その案件の総指揮者として顧客や他のアドバイザーから成る案件執行チームを取りまとめる仕事が加わります。実際の案件においては、アドバイザーがチームを代表して相手とタフな交渉をすることもあります。知識や経験を駆使し顧客と長期に亘る良好な関係を構築し、顧客の大きな戦略判断をお手伝いすることが仕事です。プレッシャーも大きくタフな仕事ではありますが、バンカーとしてのやりがいは何事にも代えがたいと思っています。


Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか?

「人」と「企業文化」がUBSで働こうと決断した理由です。学生時代、マスメディアを志望していた私は海外のテレビ局の東京支局でインターンをしていました。日々海外の情報に触れる中で投資銀行の存在を知り、投資銀行への興味が湧きました。就職活動中は、大きな案件を手掛け世界を股にかけて様々なバックグラウンドを持つ人々と働くことのできるインベストメントバンカーに憧れ、日本に拠点を持つ投資銀行のお話を一通り伺いました。UBSでのセミナー、インターンや面接で出会う方々の仕事に対する真摯な姿勢や協調的な雰囲気が強く印象に残り、2003年に新卒社員としてUBSに入社しました。

その後私は一旦UBSを離れ、アジアを拠点とする投資ファンドで投資家としてのキャリアを積みました。UBSで培った実務経験がなければ狭き門である投資ファンドでの経験は得られなかったと思います。そして2014年春、約6年ぶりにUBSに戻ってきました。投資家として培った経験を、今度はバンカーとして顧客へのアドバイスに活かすことができると思い決断しました。初日から以前と同様に働き始められたのは、世界各国のUBSオフィスに脈々と流れ続ける仲間を温かく受け入れる「企業文化」のお陰だと思います。


Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

私の働く原動力は2つあります。一つは日々コミュニケーションをはかるお客様の成功です。お客様の成功が延いては業界の活性化、日本経済の活性化に繋がると信じ、日々仕事をしています。投資銀行は資本市場の代弁者としての役割を担っています。お客様にとって耳の痛い話であってもフェアにその事実をお伝えし、更にはただその事実をお伝えするのみならず、その事実から何が見えてくるのか、何をすべきなのかについて膝詰めで対話し、解決策を提供することが私の仕事であると信じています。

もう一つは自分自身の成長です。世界経済はリーマンショック後、大きく変化してきました。世界の金融市場や金融機関も大きな痛手を負いました。しかしながら、常にお客様のために少しでも付加価値のあるサービスが提供できるよう努力を続けるインベストメントバンカーとしての姿勢と矜持は不変であると思います。お客様にとって意義のあるサービスを提供し、お客様の成功を継続的にサポートできるバンカーになれるよう、自分自身を磨き続けることが必要不可欠です。自分自身が僅かであっても日々成長できるよう、また常に向上心を持って前進できるよう、これからも努力を続けていきたいと思います。