アセット・マネジメント Asset Management

Hattori

所属: アセット・マネジメント
入社: 2016年

Q. 仕事内容について教えてください

法人営業部に所属し、クライアント・リレーションシップ・マネージャー(CRM)として機関投資家のお客様に運用商品を紹介したり、サービスの提供を行っています。具体的には、企業年金、公的年金、金融法人等のお客様がいらっしゃいますが、私はその中でも企業年金のお客様を中心に担当しています。

営業の最終的なミッションは、お客様に運用商品に投資して頂くことです。しかし、そのためにはお客様からニーズを教えて頂き、それに合った商品を提案する必要があります。ニーズを教えて頂くにはお客様との深い信頼関係を築かなければなりません。日々のコミュニケーションから課題と感じていることを教えて頂き、有益となりうるマーケット情報の提供、運用商品の紹介等を通じて、信頼関係を構築していきます。そして、お客様にご提案した商品に投資して頂けた時には、何事にも代えがたい喜びがあります。

投資後は、商品の運用状況について報告したり、海外のポートフォリオ・マネージャーが来日した時に同行訪問を行ったりします。企業年金のお客様の運用ポートフォリオは中長期的な観点から構築されます。お客様と長くお付き合いしていけることも年金営業の魅力の一つです。

Q.なぜUBSを就職先に選んだのですか

充実した運用商品、経験豊富なメンバー、スピーディな組織体制に魅力を感じました。UBSでは株式、債券といった伝統資産のみならず、海外不動産、ヘッジファンド、マルチアセット、インフラストラクチャー、プライベートエクイティといったオルタナティブ戦略のラインナップが非常に充実しています。これだけのプロダクトを取りそろえている運用会社はあまりないと思います。

また、UBSにはそれぞれのプロダクト毎にインベストメントスペシャリストという海外の運用チームとCRMの間を橋渡ししてくれる商品のプロがいます。商品の運用状況をアップデートしてもらう、お客様からのリクエストを海外の運用チームに連携し、マテリアルをもらう等、CRMをサポートしてくれます。他にも、クライアントサービス、レポーティング、オペレーション、マーケティング、リーガル等のミドル、バックオフィスのサポートのおかげでCRMは積極的に営業活動を行うことができます。

お客様が抱える問題に対し、既存の商品で解決できない場合は、各部署が総力を結集して問題解決に当たります。そのスピード感は目を見張るものがあります。組織としての意思決定もとてもスピーディです。

お客様の様々なニーズに応える豊富な運用商品、経験豊富なメンバー、スピーディな組織体制がUBSの強みだと考えています。

Q.働く上での原動力となっているものを教えてください

お客様とのコミュニケーションを通じて信頼関係を構築し、それが成果として契約に結び付いた時には営業として大きな喜びを感じます。マンデートを頂くまでには年単位の時間がかかることもあります。運用がうまく継続し、お客様から感謝の言葉を頂戴した時は、本当に嬉しいです。営業は個人プレーのように思われるかもしれませんが、社内の各部署との連携が不可欠であり、周囲から多くのサポートをもらっています。チームで苦楽を共有しながら乗り越えていくことも充実感があります。

また、オンとオフの切り替えも大切です。UBSには様々な部活動があります。私はフットサル部に所属し、月2回程度、活動しています。UBSグループとして業態の垣根を越えた交流ができますし、他社との親善試合を行ったりしているので、人脈作りにも最適です。昨年は外部のチャリティカップにも参加し10チーム中3位、別の大会では16チーム中4位と好成績を収めることができました。ワークライフバランスを充実させ、リフレッシュした毎日を送ることが、働くモチベーションにも繋がるのではないかと思います。

Hattori
Hattori