UBS News

UBS、 戸田博史を投資銀行部門の特別顧問に任命

東京 Media Releases Japan

東京、2014年7月18日 – 本日、UBS証券株式会社(所在地: 東京都千代田区、代表取締役CEO: 中村 善二)は、戸田博史が投資銀行部門の特別顧問に就任したことを発表しました。

戸田は2010年より2013年まで駐ギリシャ共和国特命全権大使を務め、金融危機の際、同国と日本との経済ならびに外交関係において重要な役割を果たしてまいりました。戸田は慶応義塾大学経済学部を卒業後、野村グループにおいて35年に及ぶ金融業界での経験を有し、野村證券株式会社ではホールセール部門、インベストメント・バンキング部門、金融市場本部の統括他、ノムラ・バンク・スイス・リミテッド社長等、重職を歴任。2003年より5年間にわたり、野村ホールディングス株式会社取締役・執行役副社長を務めました。

中村善二は次のように述べています。「この度、戸田氏を特別顧問としてUBSに迎えることができ、非常にうれしく思います。豊富な経験に裏打ちされた戸田氏の知識と専門性が我々のビジネスに寄与することを期待するとともに、国内のみならず世界に向けたビジネスの拡大に貢献することと確信しています。」