#TOGETHERBAND

プロジェクトについて

#TOGETHEBANDはUBSとサステナブル・ファッションブランドBOTTLETOPが2019年4月22日のアースデイに、国連が掲げる17の持続可能な開発目標(SDGs)を周知し、持続可能な社会の実現への明確な意識を人々と共有することを目的に共同で始めたプロジェクトです。

17色のバンドがそれぞれの目標を表しています。バンドを用いることで、SDGsをより人々に身近なものとし、自らにとって一番関心が高い目標について周りの人と会話をする機会を提供します。

私たちはこのプロジェクトを広めるために分野を超えた様々な人々に参加を求めました。アーティスト、スポーツ選手、社会活動家など、様々な分野の専門家たちがアンバサダーとなり、自身の選んだ目標の色のバンドを、1つは自分で身につけ、もう1つは親しい人に渡して、何故その目標を選んだのかをBOTTLETOPとUBSのウェブサイトで説明しています。

バンドについて

#TOGETHEBANDはその材料、製造の全てにおいて「エシカル」で「サステナブル」な工程を経て作られています。

〈紐の部分〉

紐の部分はコスタリカの海岸の自然を取り戻すため回収した海洋プラスチックを、米 BIONIC® yarn社で加工しています。 BIONIC® yarn社は、海洋プラスチックを回収・加工することで海洋汚染を防ぐことを目的とした組織です。同社は、回収されたプラスチックをトレーサブルで高品質な繊維やポリマーに加工しています。

〈金属の留め金部分〉

ヒューマニウム・メタルは中米の地元当局に集められた違法銃器を再利用して作られたアップサイクル・ステンレスです。スウェーデンの非営利団体IM Swedish Development Partnerが、この銃器を溶かしてステンレスの原材料を作っています。

〈製品について〉

このキャンペーンでは、原料を加工する全ての過程で地域の社会と経済の支援を行っています。製造の最終段階は、NGOマイティ・ネパールの協力のもと、ネパールの人身売買の被害者に製品の包装をしてもらうことで、安定した生活と持続的な雇用を提供するお手伝いをしています。

世界中の人々をひとつに

#TOGETHERBANDキャンペーンのユニークなところは、商品を1つ購入するとクラシックタイプ/ミニタイプ共に、2本1組で届くことです。

1つはご自分で身に着け、もう1つは周りの方に渡してください。

キャンペーンの全ての売り上げは17のSDGsを社会で促進する活動、またUBSオプティマス財団とボトルトップ財団が支援する地球の未来を変えるための活動に充てられます。

#TOGETHERBANDの専門サイトには、下記リンク(外部サイト)からお入りください。