UBS Perspectives 日本版 2011年 秋号 vol.9

バックナンバーはこちら

最新号はこちら

ご注意事項

東日本大震災により避難している子どもたちへの学習支援活動

UBSでは東日本大震災および福島の原子力発電所による放射能の影響により、東京都内へ避難している子どもやご家族を対象に、継続的な支援活動を行っています。本稿では、The American School in Japan (ASIJ)やNPOパートナーとともに取り組む学習支援活動の一端をご紹介します。

被災者の笑顔に満ちた未来のために

東日本大震災発生から半年以上が経過する現在もなお、東京都内では依然5,000人以上の方々が避難生活を余儀なくされています。故郷を離れ、不安な日々を送る被災者の中には、前途あふれる子どもたちの姿も決して少なくありません。被災児童とそのご家族が一日も早く未来に向けて新たな一歩を踏み出せるためにー。UBSでは、社員ボランティアや社員の家族が中心となって、主に福島県より東京都内に避難している子どもたちへ、英語のネイティブスピーカーの多いUBSや東京の特徴を活かした様々な学習支援に取り組んでいます。

心に明りを灯すアートの力

UBSでは、NPO法人Learning for All(LFA)とともに被災した子どもたちのための学習支援活動を行っています。その一環として、2011年8月22日に、福島より東京に避難している子どもたちと保護者を招き、UBSが協賛する現代アート展<タグチ・アートコレクション GLOBAL NEW ART(場所:損保ジャパン東郷青児美術館)>の鑑賞ツアーを開催しました。日頃の学習教室とは違った環境のもと、多くのアートと向き合う子どもたちの眼差しは真剣そのもの。学芸員が解説する作品の誕生背景や制作意図に耳を傾ける一方で、大人には思いも寄らない解釈で作品について語り合うなど、自由に鑑賞を楽しみました。不自由な避難生活を送る被災者の心に、小さな明りを灯したアート。UBSはこの他にも、2011年7月28日〜9月1日の期間、LFAと協働して、計6回のUBS社員ボランティアによる、小・中・高校生を対象とした夏休み英会話教室を実施するなど、子どもたちに有意義な学びの機会を提供しています。英会話教室は、11月から再開する予定です。

学習支援活動を通じてグローバルな人材を育む

また、UBSでは2011年4月より、The American School in Japan (ASIJ)、NPO法人KIDS DOORが行う、被災児童のための英語学習支援をサポートしています。ASIJの高校生、KIDS DOORのスタッフ、そしてUBSの社員ボランティアや社員の家族が一体となって、遊びや学習指導などの触れ合いを通じて絆を深めていくこの取り組みは、継続することで着実に実を結び始めています。 気心の知れた学生ボランティアに、楽しく英語を教わる。信頼できるスタッフと思い切り遊び、語らう。2011年9月からスタートした「ENGLISH PLAYGROUND」は、月に3回各90分、幼稚園から小学校6年生までの被災児童を対象とした、英語でコミュニケーションスキルを習得するカリキュラムです。レッスンの前半では、ASIJの高校生がフラッシュカードを用いて児童英検の英語レッスンを実施。後半は、ASIJの独自プログラム FUN ACTIVITY。UBS社員とその家族による手作りおやつを楽しみながら、ASIJのネイティブスピーカーとコミュニケーションスキルを学びます。子どもたちが意欲的に英語学習に取り組む本カリキュラムは現在、定員24名を上回る計26名が参加し、毎回盛況を博しています。未曾有の震災からの復興へ、私たちの取り組みは始まったばかり。しかし、地道な学習支援を通じて一人でも多くの子どもが英語に親しみ、学び続けることで、いつかきっとグローバルで活躍する人材が生まれる日が訪れるはず…。未来への確かな信念を胸に、UBSは挑戦を続けていきます。

ENGLISH PLAYGROUNDについて

開催期間 2011年9月〜2012年5月の土曜日 午前10時〜11時半
開催期間 千代田区内の施設
対象者 幼稚園〜小学校6年生まで
対象者 児童英検、FUN ACTIVITY(ネイティブスピーカーと英語でのコミュニケーションスキルを学ぶASIJの独自プログラム)

茶話会「TEA&TALK(東北&東京)」の実施

被災児童の保護者のための茶話会「TEA&TALK(東北&東京)」を、月1回開催予定。メンタルヘルスケアなどを交えながら、ともに前を向き、歩んでいくべき道について話し合います。

資産運用のご相談、お問い合わせは、UBSウェルス・マネジメントへ

電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-073-533(東京) 0120-520-887(大阪) 0120-667-581(名古屋)
UBSウェルス・マネジメントのオフィス所在地
お問い合わせページ

ページの先頭へ