UBS Perspectives 日本版 2015年 vol.18

バックナンバーはこちら

最新号はこちら

ご注意事項

UBSがグローバルな基準で厳選した投資対象に、お客様の資産を分散投資

運用開始以来、世界の富裕層からのご支持を集める<UBS投資一任運用サービス>、いよいよ、日本でもサービスのご提供を開始しました。

UBSの専門家に運用を一任する、新たな投資ソリューション

刻一刻と金融情勢が変わる激動の時代。未来に向けて資産を守り、育てていくためには、市場の変化にいち早く対応していく必要があります。しかし、世界中にアンテナを張りめぐらし、自ら運用戦略を考え、実行していくことは容易ではありません。ビジネスやプライベートでご多忙な富裕層のお客様からは「資産管理のことをじっくりと考える時間がない」「そもそも、何にどう投資して良いか分からない」「資産運用は専門家に任せたい」というお声をお聞きします。〈UBS投資一任運用サービス〉は、こうしたお悩みやご要望にお応えするためにUBS の広範な金融ノウハウを結集した投資ソリューションです。〈UBS投資一任運用サービス〉はその名の通り、UBS に投資判断をお任せいただき、UBSがお客様に代わり、グローバル金融の専門家が選び抜いた金融商品を組み合わせてお客様のポートフォリオを構築し、運用を行います。UBS ウェルス・マネジメントは、グループのUBS インベストメント・バンクとUBS アセット・マネジメントと協働し、グローバルで培ってきた専門性と強みを活用しながら、世界で富裕層のお客様のニーズにお応えしてきました。􀂣􀁸􀃤 年以上に及ぶスイス・プライベートバンクの伝統の中で、富裕層の「資産をいかに保全し、のちの世代に承継していくのか」という課題に向き合ってきたUBSウェルス・マネジメント。その経験や培ってきた運用哲学を活かした投資ソリューション、〈UBS投資一任運用サービス〉は、世界中のお客様からご支持をいただいています。

UBSハウスビューに基づき、グローバル分散投資ポートフォリオを構築

グローバル金融機関としてのリサーチ能力が、〈UBS投資一任運用サービス〉において最大限に発揮されます。UBS は、ウェルス・マネジメント専門の投資戦略部門チーフ・インベストメント・オフィス(以下CIO)を擁し、世界の各拠点で900名に及ぶアナリスト、エコノミスト、ストラテジストが政治および経済情勢など、複雑な要素が絡む各資産クラスの動向を多角的な視点で分析しています。こうした自社の専門家の洞察に加え、外部の専門家の客観的かつ有益なリサーチ情報も取り入れ、総合的な観点から「UBS ハウスビュー」という投資見解を策定しています。〈UBS投資一任運用サービス〉はこの「UBS ハウスビュー」に基づき、ポートフォリオに組み入れる資産クラスやその配分比率を決定します。また、投資対象の選定においてはUBS グループの金融商品はもちろん、すぐれた他社商品も対象に加え、幅広い投資対象の中から株式・債券・ヘッジファンド等の各資産クラスに分散投資を行い長期的な資産の成長と保全を目指していきます。運用状況についてはクライアント・アドバイザー(専任担当者)が定期的にご説明するほか、ポートフォリオの資産状況とパフォーマンスを詳細に記述したレポートを定期的にお届けいたします。

タイムリーに運用を見直し、金融情勢の変化に対応

絶えず動き続ける、グローバル金融市場において投資経験の豊富な方でも市場動向に一喜一憂し、時に売買のタイミングを見誤ってしまうことがあります。〈UBS投資一任運用サービス〉は運用開始後、グローバルなリサーチ情報を反映し、資産配分の変更や投資対象の選定および組み替えなどの判断を行い、それらの投資戦略を速やかにお客様のポートフォリオに反映させていきます。投資対象の決定からリスク管理に至るポートフォリオ・マネジメントに、UBSが長年にわたって培ってきた運用哲学が活かされています。規律のある投資プロセスの下、長期間にわたって一貫性のある運用を行っていきます。

UBSの専門家に運用を一任するという、ゆとり。お客様はどうぞ、ビジネスやプライベートの充実にご専念ください。

*UBS投資一任運用サービスは、UBS証券が提供する投資一任サービスです。UBS投資一任運用サービスをご利用いただくにあたって、お客様と UBS証券との間で投資一任契約を締結していただきます。UBS銀行はUBS証券との契約に基づきUBS証券とお客様との間の投資一任契約の締結 の媒介をいたしますが、契約の相手方はUBS銀行ではなくUBS証券となります。本資料に記載の内容は、UBS投資一任運用サービスの基本的な概 念を記載したものであり、具体的な投資実績や運用成果等を保証するものではありません。

グローバル金融マーケットの変化の兆しを見逃さない、機動的な資産運用を実現

運用の第一歩は、お客様との対話から

資産面での課題、投資の目標はお一人おひとりで異なります。まずは、お客様のニーズを正確に理解することが重要です。〈UBS投資一任運用サービス〉のご提供にあたっては、まずは対話の機会を設けさせていただき、UBS のクライアント・アドバイザー(専任担当者)がお客様のリスクに対する許容度や投資スタンスをはじめ、お取引の目的や考え方についての理解に努めます。その上で、現在の資産の状況を考慮に入れ、投資戦略と運用目標についてご説明させていただきます。お客様のニーズと運用目標を明確化し、共通の理解ができたのちに、お客様の目標の達成にふさわしい投資ソリューションをご提案いたします。「事業の経営等で多忙であり、個人資産の運用を一任したい」「短期的な売買の繰り返しが面倒で、長期的な視点で運用したい」「資産をグローバルに分散投資したい」「資産運用をプロフェッショナルに任せてみたい」。こうした富裕層のお客様の様々なご要望にお応えする、新たな投資ソリューション〈UBS投資一任運用サービス〉。UBSの専門家に運用を一任するという、ゆとりをお感じください。

※本稿は〈UBS投資一任運用サービス〉の概要説明のみを目的として作成されたものであり、投資や特定商品の売買または売買に関する勧誘を意図したものではありません。本資料内容が〈UBS投資一任運用サービス〉のすべてを記載したものではありませんので、詳細については担当のクライアント・アドバイザーにご照会ください。



UBS投資一任運用サービスは、UBS証券が提供する投資一任サービスです。UBS投資一任運用サービスをご利用いただくにあたって、お客様と UBS証券との間で投資一任契約を締結していただきます。UBS銀行はUBS証券との契約に基づきUBS証券とお客様との間の投資一任契約の締結 の媒介をいたしますが、契約の相手方はUBS銀行ではなくUBS証券となります。本資料はUBS証券株式会社が提供する「UBS投資一任運用サービ ス」の概要を説明するために情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資やその他の特定商品の売買または売買に関する勧誘を意図し たものではありません。本資料内容が「UBS投資一任運用サービス」のすべてを記載したものではありませんので、詳細については投資一任契約の 契約締結前交付書面や投資対象となる各投資信託の目論見書、投資一任契約書等でご確認いただき、ご不明な点はUBS銀行のクライアント・ア ドバイザーにご照会ください。本資料に記載された情報は当社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その正確性または完全性 については、明示・黙示を問わずいかなる表明もしくは保証もいたしません。本資料に掲載されたすべての情報、意見、価格は、予告なく変更される 場合があります。
●「UBS投資一任運用サービス」のお取引には、当社に投資一任口座を開設していただき、「UBS投資一任運用サービス投資一任契約書」を締結し ていただく必要があります。●「UBS投資一任運用サービス」における取引は、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる 変動などにより損失が生じるおそれがあります。●「UBS投資一任運用サービス」は、主として、外国投資信託、国内投資信託、外国株式及び国内株 式(上場投信を含む)、外国債券、国内債券等の有価証券等に投資しますので、その契約資産の時価評価額はこれら投資対象の価格などに応じて 大きく変動します。なお、これら投資対象のうち外貨建資産に関しては為替リスクも存在します。●「UBS投資一任運用サービス」が投資対象とする 有価証券の発行者または保証者の業務または財産の状況の変化などによって損失が生じるおそれがあります。投資対象とする株式や債券等、投 資信託に組み込まれた株式や債券等の発行者等の信用状況に変化が生じた場合、市場価格が変動することによって損失が生じる場合がありま す。●「UBS投資一任運用サービス」が投資対象とする投資信託が、金融市場の状況などによって、換金注文の受付を停止した場合や、換金までの 期間を延長した場合、お客様に対して資金を返還するまでに長期間を要する流動性リスクがあります。また、換金することができたとしても不利な 条件でしか換金できない可能性があり、その結果として不利益を被る場合があります。●「UBS投資一任運用サービス」が投資対象とする外国投資 信託は、外国の法律に基づいて海外で設定・運用されることから、投資した国における特有の事情や出来事により市場が混乱し、正常に機能しなく なった場合、外国投資信託の基準価額が大きく変動し下落する要因となります。●「UBS投資一任運用サービス」は、お客様が選択される投資プロ グラム、投資戦略に基づいて運用を行いますが、市場環境の急激な変動、契約金額の増額、減額、投資プログラム及び投資戦略に変更があった場 合は、実際の資産配分が目標とすべき資産配分から一時的に乖離するおそれがあります。●なお、「UBS投資一任運用サービス」による運用の損益 はすべて、お客様に帰属します。投資一任契約はお客様の契約期間中の時価評価額に応じて最大1.600%(年率、税抜)の運用報酬をお支払いた だきます。前述の運用報酬以外に運用に関して特別な指定を選択された場合は、運用報酬として0.15%(年率、税抜)を加算した料率となります。ま た、外国株式の売買その他の取引については別途現地取引手数料等が発生します。その他に投資対象となるファンドに係る信託報酬や諸費用等を 間接的にご負担いただきます。これらの費用等の合計額は運用状況により異なるため、事前にその料率・上限等をお示しすることができません。

資産運用のご相談、お問い合わせは、UBSウェルス・マネジメントへ

電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-073-533(東京) 0120-520-887(大阪) 0120-667-581(名古屋)
UBSウェルス・マネジメントのオフィス所在地
お問い合わせページ

ページの先頭へ