UBS Perspectives 日本版 2015年 vol.18

バックナンバーはこちら

最新号はこちら

ご注意事項

UBSとアート。その幸福な関係

UBSは社会を映す鏡として芸術を捉え、<UBSアートコレクション>の運営や国際的なアートイベントの協賛など、アートの振興に力を注いでいます。

知られざるスイスワイン

アートを社会と共有するためのコレクション

アンディ・ウォーホールやロイ・リキテンシュタイン、ジェームス・ローゼンクイストなどの著名な芸術家から、21世紀の新進作家の作品に至るまで、その所蔵点数は3万5千点以上。絵画、写真、ドローイング、彫刻、ビデオアートなどを所蔵する〈UBSアートコレクション〉は、世界で最も貴重な現代アートの企業コレクションの一つとして評価を受けています。一般的に企業のアートコレクションと言えば投資的な意味合いもあり、大切に保管され、なかなか外部の人が目にする機会のないものです。しかし、アートを手がけた作者や、その想いが込められた作品は果たして「秘蔵」されることを望んでいるでしょうか。多くの人の目に触れ、想像力をかきたて、刺激や安らぎを与えたいはずです。

UBSは投資のためにアートを保有するのではなく、コレクションを文化活動の一貫として捉え、お客様や社会と共有して楽しむことを重視しています。定期的に、世界各地の文化施設や美術館と連携して作品を貸与し、様々な展覧会をサポート。ニューヨークのMoMA、スイスのバイエラー財団、ロンドンのテート・モダン、東京の森美術館、プエルトリコ、シドニー、メルボルンなど数多くの美術館で展覧会を開催してきました。今年は、2008年に続き〈UBSアートコレクションinTokyo〉を再び、東京で開催予定。さらに、世界的写真家であるアニー・リーボヴィッツ氏の作品展を東京を含む世界十箇所で開催する予定です。また、世界中のUBSオフィスもコレクションを展示する「小さな美術館」。お客さまをお迎えするロビーや廊下、応接室などに収集作品を飾り、定期的に入れ替えています。展示は〈UBS アートコレクション〉のキュレーターが考えたテーマに沿ったもの。作品が共通語となり、会話が弾み出すなど、アートは社員やお客様、取引先などUBSを訪れる様々な人々の目をなごませています。

世界最大級のアートフェア「アート・バーゼル」を協賛

UBSのアートへの関わりは単に作品の収集にとどまりません。現代アートをグローバルに支援するリーディング・サポーターとして、世界のアートシーンと積極的に関わりを持っています。

アーティストたちの作品制作に懸ける情熱に共感し、世界中で文化・芸術活動をサポート。世界最大級のアートフェアである「アート・バーゼル」の協賛もその一環です。「アート・バーゼル」は、国際的なアートコミュニティの交流を目的としてスイス・バーゼルのギャラリストたちによって設立され、バーゼル、マイアミビーチ、香港の􀃎都市で毎年開催されるアートフェアです。世界のトップギャラリーが一堂に会し、現代アートの人気アーティストから、将来が期待される新進気鋭の若手作家にいたるまで􀁻千点以上の作品を展示・販売。コレクターやアート・ディーラー、キュレーターなど、アート界の著名人を含む多くの人々が世界から訪れます。


UBSアートコレクション in Tokyo
2016年夏 東京にて開催予定

開催日時、 開催場所等は弊行WEBサイトにて お知らせします。
www.ubs.com/japan-wealth

知られざるスイスワイン

2015年のアート・バーゼル香港の様子。UBSはお客様向けにブースを設営。UBSアートコレクションの所蔵作品を展示しました。

アートの新潮流がアジアに集結。第4回「アート・バーゼル香港」

今春の「アート・バーゼル香港」は世界35カ国・地域からUBS のギャラリーが出展。展示作品の半数以上がアジア太平洋地域からによるもので、日本からも20のギャラリーが出展し、隆盛著しいアジアンアートの魅力や可能性を世界に発信する機会として重要な役割を担います。

フェアは5つのセクションに分けられます。187ものギャラリーが参加するメイン展示「ギャラリーズ」では、絵画や彫刻ドローイング、インスタレーション、写真、ビデオ、エディション作品などを展示。個展形式や明確なテーマを持ったグループ展などの条件付きの「インサイト」部門では、アジアにスペースを持つ28のギャラリーによるプロジェクトが展開されます。また、「ディスカバリー」は24のギャラリーが、新進アーティストの個展・二人展を開催。􀃓つの展示ホールに展開される「エンカウンター」部門では、大規模彫刻作品のインスタレーションとパフォーマンスが注目を集めます。アート界の著名人によるトーク・パネルディスカッション「カンバセーションズ」ではアートの潮流について、インスピレーションが得られるでしょう。会場では絵画、彫刻、インスタレーション、映像、写真、デジタル写真などの作品を間近で鑑賞しながらギャラリーやアーティストから作品についての解説が得られるほか、気に入った作品があればギャラリーと直接交渉し、購入できます。

若手アーティストやギャラリーにとっては、作品を発表する国際的なプロモーションの場であり、コレクターやキュレーターの新たな才能の発掘や情報交換の場であるアート・バーゼル。世界中のアート関係者のネットワークづくりに寄与するこのイベントへの協賛を通じて、UBS はアート界への支援を形にしています

資産運用のご相談、お問い合わせは、UBSウェルス・マネジメントへ

電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-073-533(東京) 0120-520-887(大阪) 0120-667-581(名古屋)
UBSウェルス・マネジメントのオフィス所在地
お問い合わせページ

ページの先頭へ