UBS Perspectives 日本版 2013年 vol.14

バックナンバーはこちら

最新号はこちら

ご注意事項

魅力あふれる秋のスイスへ

空が澄みわたり、山々が彩られる秋は旅を楽しむ絶好のシーズン。
美しい自然や豊かな食文化など、魅力あふれるスイスを訪れてみませんか。

鮮やかに色づく自然を楽しみ、収穫を味わう

9月に入ると、スイスの山岳地方ではカラマツやイチョウが色づきはじめます。ほのかに雪化粧をした名峰を眺めながら、紅葉の中を歩く心地良さはこの季節ならではの醍醐味。また、レマン湖畔に面したラヴォー地区の葡萄畑は、世界遺産にも指定されたスイスを代表する絶景の一つです。黄金色に染まる葡萄畑を散策した後は、ワイナリーに立ち寄り、地ワインを楽しむのもいいでしょう。また秋といえば、大きな楽しみのひとつが食事です。狩猟解禁となる9月頃から、各地のレストランでは鹿や野豚を使った「ジビエ料理」が登場。さらに、雄大な自然の中で育まれた栗やキノコも収穫を迎え、採れたての味覚を味わえます。他にも、各地で開催される芸術・文化イベントも人気。毎年各国から意欲的な作品がコンペに参加する国際映画祭「チューリヒ映画祭」も注目です。秋のスイスは、まさに大人の感性を満たす見どころでいっぱいです。

収穫の季節にこそ堪能したい、スイスワインの魅力

ワインと言えばフランスを連想する方はいても、スイスをイメージする方は少ないでしょう。それもそのはず、スイスワインは年間約1億リットル生産されますが、輸出されるのはわずか2%。国内消費量が生産量を上回るため国外ではあまり見かけませんが、スイスは長いワイン造りの歴史を持ち、恵まれた自然を生かした良質なワインが数多く醸造されています。スイスワインには約90種類ものぶどう品種が使用されており、特に有名なのが白ワイン用に使われるシャスラ。例えば「フェシー・ルブレ」など、シャスラを使った白ワインはスパイシーでハーブのような香りが人気です。また、赤ワインではフランスの「ロマネ・コンティ」にも使われるピノ・ノワールが主流。そのフルーティで豊かな芳香は多くのワイン通を虜にしています。知る人ぞ知るスイスワインの魅力。秋のスイスを訪れた際に、味わってみてはいかがでしょうか。

資産運用のご相談、お問い合わせは、UBSウェルス・マネジメントへ

電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-073-533(東京) 0120-520-887(大阪) 0120-667-581(名古屋)
UBSウェルス・マネジメントのオフィス所在地
お問い合わせページ

ページの先頭へ