UBS AG
 

UBS、2004年純利益80億8,900万スイス・フランおよび第4四半期純利益20億2,100万スイス・フランを計上

終了四半期 増減(%) 各年度末日
(特に指定した以外は、
百万スイス・フラン)
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
2004年
12月31日
UBS (事業持株業務を含む)
営業収益
11,142
10,148
8,538
10
30
41,069
営業費用
8,413
7,887
6,303
7
33
30,395
純利益
2,021
1,671
1,808
21
12
8,089
 
金融事業
営業収益
9,167
8,456
8,538
8
7
37,402
営業費用
6,575
6,265
6,303
5
4
26,935
純利益
1,993
1,654
1,808
20
10
8,044

•2004年度の純利益は、80億8,900万スイス・フランとなり、金融事業が80億4,400万スイス・フランの貢献 ― 2003年より29%増加し過去最高
•収益は全事業で増加し、金融事業の2004年費用/収益比率を72.6%(営業権償却前では70.2%)まで減少
•2004年度の株主資本利益率(RoE)は24.7%(営業権償却前では27.7%)
•2004年度の一株当り基本利益(EPS)は2003年より37%(営業権償却前では34%)増加して7.68スイス・フラン
•配当は前年より15%増加の、1株当たり3.00スイス・フランを提案予定
•2004年度の新規純資金は、全世界のウェルス・マネジメント事業からの資金流入が594億スイス・フランと好調なこともあり、889億スイス・フランを計上
•2004年第4四半期純利益は、20億2,100万スイス・フランとなり、金融事業が19億9,300万スイス・フランの貢献―過去最高の第4四半期業績となる

チューリッヒ/バーゼル2005年2月8日—UBSは、2004年度に80億8,900万スイス・フランの純利益を計上しました。これには、事業持株業務*1であるモーター・コロンバスの業績が連結されて含まれており、同社は4,500万スイス・フランの純利益を上げました。かかるモーター・コロンバスの連結部分を除く、UBSの2004年度の金融事業は、2003年度から29%増加し、80億4,400万スイス・フランの純利益を計上しました。2003年第2四半期のウェルス・マネジメントUSAのクリアリング子会社売却の影響を除く2004年度の営業権償却前純利益は、2003年度から24%の増加でした。


*1 2004年に、UBSは、モーター・コロンバスの持分を55.6%に増やしました。モーター・コロンバスは、スイスの持株会社であり、その最も重要な資産は、スイスを基盤とする電力供給業者であるAtel の過半数の株式です。モーター・コロンバスの業績は、当社の第4四半期報告書の事業持株業務部門に別途計上されます。


「2004年度は、UBS にとって史上最高の年間業績をあげた年となりました。これは当社の成長重視の姿勢を反映したものといえます。」と、CEOのピーター・ウフリは述べました。

2004年度の営業収益は、米ドルの下落にもかかわらず、全事業において増加しました。資産ベースの収益は、市場価格の改善と新規純資金の好調な流入を反映して、特に良好でした。全体として、2004年度の新規純資金の流入は889億スイス・フラン、2003年度の691億スイス・フランに比べて29%の増加となりました。その結果、運用総資産は、2兆2,500億スイス・フランに増加しました。

2004年度は、プライベート・クライアント取引手数料並びにコーポレート・ファイナンス手数料および引受手数料が大幅に増加しました。手数料収入は、2004年度の営業収益全体の52%を占めました。トレーディング収益も、市況の改善が取引機会を増大させたため、特に第1四半期と第4四半期で増加しました。また、プライベート・エクイティ業務の業績も改善し、売却益の増加と評価減の減少により、この3年間で初めて黒字に転じました。

また2003年の7,200万スイス・フランの貸倒損失費用に対して、2004年度は2億7,600万スイス・フランの純貸倒損失戻入を実現しました。

費用は引き続き厳しく管理され、その増加は事業の成長率よりも低いペースに抑えられました。業績連動報酬は、収益の増加に見合う増加を示し、人件費の約49%を占めました(2003年度は44%)。一般管理費は、法定引当金と業務リスク経費の増加により、増加しました。

第4四半期業績

2004年第4四半期については、事業持株業務からの2,800万スイス・フランの貢献を含め、20億2,100万スイス・フランの純利益を計上しました。金融事業の純利益は、19億9,300万スイス・フランとなり、過去最高の第4四半期業績となりました。2004年を通して米ドルはスイス・フランに対して下落傾向にありましたが、純利益は、前年同期から10%上昇しました。全体の営業収益は7%上昇し、営業費用の4%の上昇を上回りました。トレーディング関連業務は、11月の米国の選挙の結果を受けた市場取引高の改善を反映して、好調な業績を計上しました。トレーディング収益は、前年度に比べ株式トレーディングで25%、債券トレーディングで10%および外国為替トレーディングで13%上昇し、好調のうちに2004年を終えました。市場価格の上昇を反映して、ポートフォリオ運用手数料は極めて堅調であり、投資ファンド手数料は過去最高水準に達しました。投資銀行業務からの大きな貢献によりアドバイザリー収益が増大しました。

2004年第4四半期の金融業務の費用/収益比率は、72.7%(営業権償却前では、70.4%)となり、前年同期の73.4%(営業権償却前では70.8%)から改善しました。

2004年度従業員数の増加

2004年12月31日現在のUBSの金融業務の従業員数は、全世界におけるUBS のウェルス・マネジメント業務と証券業務の拡大により、前年同期の65,929名より1,495名増加して、67,424名となりました。

成長への投資および新株式買戻プログラム

2004年に、UBS は、いつくかの買収を発表しました。一例として、チャールズ・シュワッブ・コーポレーションの資本市場部門であるチャールズ・シュワッブ・サウンドビュー・キャピタル・マーケッツの買収がありますが、これにより、UBS は、NASDAQ 市場における証券トレーディングでランキング一位となりました。また、ウェルス・マネジメント業務でもいくつかの買収を発表し、UBSの運用資産は、主要市場において、全体として約400億スイス・フラン増加しました。これらの買収に対して、UBSは、総額約10億スイス・フランを支出しました。

2005年3月5日に終了する現行の株式買戻プログラムにおいて、UBS は、約35億スイス・フラン相当の自己株式を買い戻しました。年次株主総会の承認を条件として、本プログラムに基づき買戻された全株式は、消却され、再発行できないことになります。

「当社は、最近行った一連の買収に非常に満足しています。株式買戻しを通じて株主に対して現金を返還するという姿勢に変わりはありませんが、成長事業に再投資を行うため魅力ある機会を追求することが、常に当社の優先事項です。」と、ピーター・ウフリは述べました。

UBSの取締役会は、買戻しの上限を50億スイス・フランとする新しいプログラムを開始することを決定しました。同プログラムは、2005年3月5日に開始し、2006年3月7日まで継続する予定です。これは、UBSの7年連続の年次株式買戻プログラムとなります。

一株当たり3.00スイス・フランの配当金

2004年度に関し、UBSの取締役会は、2005年4月21日開催の年次株主総会において、一株当り3.00スイス・フランの配当を提案する予定です。これは、2003年度に関する配当より15%の増加となります。

見通し

過去最高の業績は、これを上回る業績を達成することの困難を常に伴います。毎年、投資銀行および証券業務は、予測が不可能に近い世界の金融市場の変動と取り組まなくてはなりません。しかしながら、2004年度において、UBSのウェルス・マネジメントおよびアセット・マネジメント業務は、トレーディング市況が変動する中でも、成長の勢いおよび収益の質を維持できることを示しました。

「当社は、当社の成長事業に引き続き再投資していく予定であり、2005年は、当社の長期の投資家にとって非常に実りの多い発展への、期待すべき次なる一歩となるでしょう。」とチーフ・ファイナンシャル・オフィサーであるクライヴ・スタンディッシュは述べました。

財務指標

2004年度の株主資本利益率は、前年度の17.8%に対して24.7%となり、また、2004年度の一株当り基本利益は、前年度の5.59スイス・フランに対して7.68スイス・フランとなりました。費用/収益比率は、前年度の75.6%に対して72.6%となりました。

2004年度におけるUBS の財務上の達成目標に対する実績
(営業権償却前かつ重要な財務事象につき調整後)

UBSは、その財務上の達成目標を設定し、重要な財務事象 *2 による影響ならびに営業権およびその他の無形資産の償却を除外する調整を行った後の実績について評価を行っています。UBSの財務上の達成目標に対する実績は下記のとおりです。


*2 2003年第2四半期では、UBSは、ウェルス・マネジメントUSAの事業であるコレスポンデント・サービシズ・コーポレーション(CSC)のクリアリング業務の売却により、200万スイス・フランの利益(税引前利益1億6,100万スイス・フラン)を計上しました。

  • 2004年度の株主資本利益率は、前年度の20.5%から上昇して27.7%となり、UBSの目標範囲である15%ないし20%を大きく上回りました。純利益の増加を上回るこの上昇は、株式買戻プログラムおよび利益剰余金の増加率を上回る配当の増加の影響を反映しています。
  • 2004年度の一株当り基本利益は、純利益の増加および株式買戻しの影響により、前年度を2.17スイス・フラン(34%)上回る8.60スイス・フランとなりました。
  • UBSの金融業務における2004年度の費用/収益比率は、前年度の73.2%から改善して70.2%となり、2000年にペインウェバーがUBS と統合されて以来の最低水準となりました。

年初来期間
2004年12月31日 2004年9月30日 2003年12月31日
株主資本利益率(%)
報告書による *1
24.7
24.5
17.8
営業権償却前および重要な財務事象調整後 *2
27.7
27.4
20.5

終了四半期
2004年12月31日 2004年9月30日 2003年12月31日
一株当り基本利益(スイス・フラン )
報告書による *3
1.97
1.60
1.68
営業権償却前および重要な財務事象調整後 *4
2.21
1.86
1.89
 
金融事業の費用/収益比率(%) *5
報告書による *6
72.7
74.2
73.4
営業権償却前および重要な財務事象調整後 *7
70.4
71.5
70.8
 
新規純資金、ウェルス・マネジメント事業
(十億スイス・フラン ) *8
ウェルス・マネジメント
6.5
11.4
6.4
ウェルス・マネジメントUSA
6.8
5.3
7.8
合計
13.3
16.7
14.2

*1 年初来期間(年換算)純利益/配当を除く平均株主資本。
*2 営業権およびその他の無形資産償却前ならびに重要な財務事象調整後の年初来期間純利益(税引後、年換算)/配当を除く平均株主資本。
*3 一株当り利益(EPS)の算出についての詳細は、財務諸表(注8)を参照のこと。
*4 営業権およびその他の無形資産償却前ならびに重要な財務事象調整後の純利益(税引後)/発行済平均株式数の加重平均。
*5 事業持株業務の業績を除く。
*6 営業費用/貸倒損失費用控除(戻入)前営業収益。
*7 営業権およびその他の無形資産償却前ならびに重要な財務事象調整後の営業費用/貸倒損失費用控除(戻入)前および重要な財務事象調整後の営業収益。
*8 利息収入および配当収入を除く


UBSグループハイライト

終了四半期 増減(%) 各年度末日
(単位:特に指定した以外は、
百万スイス・フラン )
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
2004年
12月31日
2003年
12月31日
純利益
2,021
1,671
1,808
21
12
8,089
6,239
一株当り基本利益(スイス・フラン *1
1.97
1.60
1.68
23
17
7.68
5.59
株主資本利益率 (%) *2
24.7
17.8
 
重要な財務事象調整後および
営業権償却前の業績指標 *3、*4
 
一株当り基本利益(スイス・フラン *5
2.21
1.86
1.89
19
17
8.60
6.43
株主資本利益率 (%) *6
27.7
20.5


金融事業ハイライト *7

終了四半期 増減(%) 各年度末日
(単位:特に指定した以外は、
百万スイス・フラン )
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
2004年
12月31日
2003年
12月31日
営業収益
9,167
8,456
8,538
8
7
37,402
33,790
営業費用
6,575
6,265
6,303
5
4
26,935
25,613
純利益
1,993
1,654
1,808
20
10
8,044
6,239
費用/収益比率(%) *8
72.7
74.2
73.4
72.6
75.6
新規純資金、ウェルス・マネジメント・
ビジネス(十億スイス・フラン *9
13.3
16.7
14.2
59.4
50.8
従業員(フルタイム換算 )
67,424
66,894
65,929
1
2
重要な財務事象調整後および
営業権償却前の収益 *3、*4、*7
営業収益
9,167
8,456
8,538
8
7
37,402
33,629
営業費用
6,365
6,038
6,078
5
5
26,048
24,670
純利益
2,203
1,881
2,033
17
8
8,931
7,180
費用/収益比率(%) *8
70.4
71.5
70.8
70.2
73.2


貸借対照表および資本管理ハイライト

(単位:特に指定した以外は、百万スイス・フラン) 終了四半期 増減(%)
決算日
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
株主資本
34,978
34,524
35,310
1
(1)
時価総額
103,638
95,812
95,401
8
9
BIS 資本比率
Tier1(%) *10
11.8
11.5
11.8
BIS 合計(%)
13.6
13.3
13.3
リスク加重資産
264,125
272,813
251,901
(3)
5
運用資産(十億 スイス・フラン)
2,250
2,261
2,133
0
5
長期格付け
フィッチ、ロンドン
AA+
AA+
AA+
ムーディーズ、ニューヨーク
Aa2
Aa2
Aa2
スタンダード・アンド・プアーズ、ニューヨーク
AA+
AA+
AA+



*1 一株当り利益(EPS)算出については財務諸表(注8)を参照のこと。
*2 純利益(年換算)/配当を除く平均株主資本。
*3 営業権およびその他の無形資産の償却を除外。
*4 重要な財務事象についての詳細は、2004年第4四半期報告書12ページの「UBS Targets」の項を参照のこと。
*5 営業権およびその他の無形資産の償却前ならびに重要な財務事象調整後の純利益(税引後)/発行済株式数加重平均。
*6 営業権およびその他の無形資産の償却前ならびに重要な財務事象調整後の純利益(税引後、年換算)/配当を除く平均株主資本。
*7 事業持株業務の業績を除く。
*8 営業費用/貸倒損失費用控除(戻入)前営業収益。
*9 ウェルス・マネジメントおよびウェルス・マネジメントUSA を含む。利息収入または配当収入を除く。
*10 ハイブリッドTier1資本を含む。2004年第4四半期報告書の資本管理の項のBIS 資本および比率の表を参照のこと。


参考のための米ドル換算表示
(2004年12月31日現在のスポット・レート 1米ドル=1.14 スイス・フランに基づく)


UBS グループハイライト

終了四半期
(単位:特に指定した以外は、百万米ドル )
2004年
12月31日
純資産
1,773
一株当り基本利益 *1
1.73
株主資本利益率 (%) *2
24.7
重要な財務事象調整後および
営業権償却前の業績指標 *3、*4
一株当り基本利益 *5
1.94
株主資本利益率 (%) *6
27.7


金融事業ハイライト *7

終了四半期
(単位:特に指定した以外は、百万米ドル )
2004年
12月31日
営業収益
8,041
営業費用
5,768
純利益
1,748
費用/収益比率(%) *8
72.7
新規純資金、ウェルス・マネジメント・
ビジネス
(十億米ドル *9
11.7
重要な財務事象調整後および
営業権償却前の収益 *3、*4、*7
営業収益
8,041
営業費用
5,583
純利益
1,932
費用/収益比率(%)
70.4


貸借対照表および資本管理ハイライト

(単位:特に指定した以外は、百万米ドル )
決算日
2004年
12月31日
株主資本
30,682
時価総額
90,911
BIS 資本比率
Tier1(%) *10
10.4
BIS 合計(%)
11.9
リスク加重資産
231,689
運用資産(十億スイス・フラン )
1,974

*1 一株当り利益(EPS)算出については財務諸表注8を参照のこと。
*2 純利益/配当を除く平均株主資本。
*3 営業権およびその他の無形資産の償却を除外。
*4 重要な財務事象についての詳細は、2004年第4四半期報告書12ページ目「UBS Targets」の項を参照のこと。
*5 営業権およびその他の無形資産の償却前ならびに重要な財務事象調整後の純利益(税引後)/発行済株式数加重平均。事業持株業務の業績を含む。
*6 営業権およびその他の無形資産の償却前ならびに重要な財務事象調整後の純利益(税引後)/配当を除く平均株主資本。事業持株業務の業績を含む。
*7 事業持株業務の業績を除く。
*8 営業費用/貸倒損失費用控除(戻入)前営業収益。
*9 ウェルス・マネジメントおよびウェルス・マネジメントUSA を含む。利息収入および配当収入を除く。
*10 ハイブリッドTier1資本を含む。2004年第4四半期報告書の資本管理の項のBIS 資本および比率の表を参照のこと


金融事業の業績

ウェルス・マネジメント&ビジネス・バンキング

ウェルス・マネジメント部門は、2004年度通期の税引前利益として、スイス・フランに対する米ドルの下落にもかかわらず、2003年度より32%増の34億3,500万スイス・フランを計上しました。かかる増加は、当該部門の事業の成長の気運と、2003年央に始まった主要金融市場の回復を反映しており、資産ベースの手数料増加により、営業収益は前年比13%増加しました。貸借取引貸付業務の拡大を反映した利息収入の増加も収益を増加させました。一方、2004年度の営業費用は2003年度より2%増加しただけで、引き続き厳しく管理されました。2004年度の新規純資金流入は、2003年度の297億スイス・フランより42%上昇して、総額423億スイス・フランとなりました。資金流入増は世界各地、とりわけアジアの顧客から計上されました。欧州ウェルス・マネジメント事業は137億スイス・フランの資金流入となり、2004年度も非常に好調でした。

2004年第4四半期の税引前利益は、第3四半期より3%減の8億3,100万スイス・フランを計上しました。これは、収益がほぼ横ばいであったのに対して、事業の継続的成長に関わる人件費以外の費用が膨らんだことによります。運用資産についての総マージンは、第3四半期から2bp 下がって99bp でした。その一因は、2004年第4四半期末のSauerborn Trust の買収に伴い取得した運用資産(90億スイス・フラン)が初めて計上された一方、収益は計上されなかったことにあります。この効果を除くと、マージンは1bp の減少でした。

ビジネス・バンキング・スイス部門は、2004年度通期の税引前利益として、2003年度に計上した過去最高の業績より5%減の、20億4,500万スイス・フランを計上しました。この税引前利益は、主に利息収入の減少による1億8,400万スイス・フランの減収にもかかわらず達成されましたが、これは、引き続き厳しいコスト管理が行われたことを示しています。貸倒損失費用の減少は、近年の国内ローン・ポートフォリオにおける構造的改善を反映しています。

2004年度中に、70億スイス・フランの資産がビジネス・バンキング・スイス部門からウェルス・マネジメント部門に移転されました。これは顧客のライフ・サイクルにより、ウェルス・マネジメントに対するニーズの高まりを反映しています。

2004年第4四半期の税引前利益は、主に非利息収入の減少により、2004年第3四半期より1%減の5億1,000万スイス・フランを計上しました。第3四半期の上記利益にはノガ・ヒルトン・ホテルの参加権の売却益が含まれていました。

グローバル・アセット・マネジメント

グローバル・アセット・マネジメントは2004年度通期の税引前利益として、2003年度の3億3,200万スイス・フランより64%増の5億4,400万スイス・フランを計上しました。かかる増益は、資産水準と収益の上昇をもたらす好調な新規純資金流入、資産構成の高水準マージン商品への継続的な移行および市場価格の上昇を受けて前年度比16%増となった営業収益の増加によるものです。またコスト削減も引き続き実施されました。

2004年度通期において、機関投資家向け事業における新規純資金流入額は237億スイス・フランとなり、2003年度の127億スイス・フランのほぼ2倍の額を計上しました。オルタナティブおよびクォンティタティブ投資事業、株式、および債券業務への好調な資金流入が記録されました。ホールセール・インターミディアリー事業は、2003年度の流出額50億スイス・フランに対し、45億スイス・フランの新規純資金流出額を計上しました。債券ファンド、アセット・アロケーション・ファンドおよび株式ファンドへの161億スイス・フランの資金流入がありましたが、これを上回る206億スイス・フランの資金流出があったためです。この資金流出は主としてマネー・マーケット・ファンドのUBS の米国における銀行への移転によるものです。

当事業グループの運用資産は、2004年12月31日時点で総額6,010億スイス・フランを計上しました。2004年9月30日時点とは同水準ですが、2003年末の5,740億スイス・フランからは増加しています。

2004年第4四半期において、グローバル・アセット・マネジメント事業の税引前利益は、2004年第3四半期より5,900万スイス・フラン増の1億6,400万スイス・フランを計上しました。かかる増益は、第3四半期においては米国での再編成に関連する当金計上の影響を受けたことに加え、運用手数料の増大と営業費用の減少によるところが大きいといえます。

インベストメント・バンク

インベストメント・バンク事業は、2004年度通期の税引前利益として、前年より18%増の45億4,000万スイス・フランを計上しました。これは業務全般に渡る収益増加を反映しており、2000年以来最高水準となりました。特に、債券・金利商品・外国為替業務は2003年度より6%増の過去最高の収益を計上し、株式業務は21%の増収を計上しました。一方、業務拡大に伴い費用が増加し、特定の業務引当金も費用の増加の一因となりました。2004年度通期において、報酬の比率は2003年度の52%から51%に減少しましたが、これは投資銀行業務における戦略的雇用プログラムの終了を反映したものです。

2004年第4四半期の税引前収益として、前年同期より3%増、また2004年第3四半期より72%増の12億2,900万スイス・フランを計上しました。これは、米国大統領選後の市況および市場取引高の回復を利用することができたためです。

株式業務では、市場活動の活発化を反映して手数料収入および自己勘定取引収益が増加し、またプライム・ブローカレッジ事業からの収益が大幅に増加しました。

債券・金利商品・外国為替業務の収益は、外国為替業務、特にデリバティブの取引が好調であったことから前年第4四半期より増加しました。中央銀行の金利対策は、第4四半期中のボラティリティと市場活動を刺激し、顧客取引および取引機会の増大をもたらしました。

投資銀行業務の収益は、主要通貨に対する米ドルの下落および投資銀行業務の貸付残高の信用ヘッジ費用増加の影響で、2003年第4四半期よりわずかに減少しました。これらのマイナスの影響を除くと、米国および欧州においてアドバイザリー収入が大幅に増加したことにより、2004年第4四半期の投資銀行業務の収益は前年同期の好調な業績より22%増加しました。

プライベート・エクイティ業務は、2003年第4四半期と比べ処分額が減少したことにより、2004年第4四半期において400万スイス・フランの支出となりました。

VaR(保有期間10日、信頼水準99%)で計測した2004年第4四半期のインベストメント・バンクの市場リスクは、第3四半期平均3億7,600万スイス・フランから減少し、3億5,800万スイス・フランでした。金利エクスポージャーが、引き続きこうしたVaR の主な要因となっています。

ウェルス・マネジメントUSA

ウェルス・マネジメントUSA 事業の2004年度通期の税引前利益は、前年度の500万スイス・フランの損失に対し、1億7,900万スイス・フランの利益を計上しました。2003年度の業績には、同年第2四半期に行われたコレスポンデント・サービシズ・コーポレーション(CSC)の売却による1億6,100万スイス・フランの税引前利益が含まれています。

CSCの売却益の控除後かつ取得コスト(営業権償却費、純資金調達コストおよび雇用調整支払額)の控除前の営業利益は、2003年度の6億6,400万スイス・フランに対して、2004年度は7億6,200万スイス・フランを計上しました。同じベースで米ドル建てでみると、2004年度の営業利益は、前年度を24%上回りました。これは、ペインウェバーがUBSと統合されて以来最高の業績であり、貸付残高が2003年度末の45億米ドルから2004年12月31日時点で72億米ドルに増加したUBS Bank USAが初めて通年で連結されたことにより、過去最高の手数料収入および増加した純利息収入を計上したことを反映しています。

2004年第4四半期において、ウェルス・マネジメントUSAは、同年第3四半期の4,300万スイス・フランに対し、7,700万スイス・フランの税引前利益を計上しました。取得コスト控除前でみると、税引前利益は2004年第3四半期から11%(米ドル建てベースで20%)の増加となりました。

新規純資金は勢いを取り戻し、2004年第4四半期の流入額は、第3四半期の53億スイス・フランから上昇し、68億スイス・フランとなりました。こうした結果は、近年のアドバイザーの増員および市場環境の改善によるプラスの影響を反映しています。

2004年度通期の新規純資金額は、前年度の211億スイス・フランから減少して総額171億スイス・フランとなりました。これは、2004年当初の資産受入れが低迷したこと、およびスイス・フランに対する米ドルの下落を反映しています。

プレスリリースは、www.ubs.com/media でご覧いただけます。

UBS の四半期業績に関するより詳しい情報は、www.ubs.com/media でご覧いただけます。

  • 2004年第4四半期報告書(pdf およびインタラクティブ・バージョン)
  • 2004年第4四半期業績スライド・プレゼンテーション
  • 株主宛書簡(英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語)
インターネット放送(Webcast): CEO ピーター・ウフリおよびCFO クライヴ・スタンディッシュによる業 績プレゼンテーションが2005年2月8日の下記の時間にwww.ubs.com からインターネット・ライブ 放送されます。
  • 09:00 CET(欧州中部時間)
  • 08:00 GMT(グリニッジ標準時間)
  • 03:00 US EST(米国東部標準時間)
Webcast の再生は、2005年2月8日14:00 CET よりご覧いただけます。2004年度営業報告書(財務諸表、ハンドブックおよびアニュアル・レビューを含む)は、2005年3月16日に発行される予定です。

将来の見通しの記述に関する注意書

このプレス・リリースには、「将来の見通しに関する記述」が含まれます。これには、欧州ウェルス・マネジメント事業を含む戦略的イニシアティブの導入、ならびに当社の将来の事業の動向および経済的実績に関連する記述が含まれますが、これらに限られるものではありません。

これらの将来の見通しに関する記述は、当社の事業の動向に対する当社の判断と将来の見通しを記述したものですが、数多くのリスク、不確実性その他の要因により、現実の動向および業績は当社の予想から大きく異なることがあります。

これらの要因には、(1)一般的な市場、マクロ経済、政府および規制当局のトレンド、(2)国内および国際証券市場、為替レートおよび金利の変動、(3)競争の圧力、(4)技術上の進歩、(5)当行の顧客、債務者および契約の相手方の財務状況または信用力の変化ならびにこれらの顧客等が営業を行っている市場の発展、(6)立法の動き、(7)経営陣交替および当社事業グループ構成の変更、ならびに(8)当社の事業および財務実績に悪影響を与えうることを当社が示していて、本書の他の部分および米国証券取引委員会への提出書類を含む当社の過去および将来の提出書類および報告書に記載されるその他の重要な要因、を含みますが、これらに限られるものではありません。

これらの要因に関するより詳細な情報は、本書の他の箇所およびUBS によって提供された書類、ならびに2003年12月31日に終了した年度に関するUBS の年次報告書フォーム20-F を含む、UBS による米国証券取引委員会への提出書類に記載されています。UBS は、新情報、将来の事象その他の結果であろうと、将来の見通しに関する記述を更新しまたは変更するいかなる義務も負いません(かつ、かかる一切の義務から明確に免責されます)。

運用資産

終了四半期 増減(%)
(単位:十億スイス・フラン )
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
UBS
2,250
2,261
2,133
0
5
ウェルス・マネジメント&ビジネス・バンキング
ウェルス・マネジメント
778
772
701
1
11
ビジネス・バンキング・スイス
140
140
136
0
3
グローバル・アセット・マネジメント
機関投資家向け資産運用
344
342
313
1
10
ホールセール・インターミディアリー
257
259
261
(1)
(2)
インベストメント・バンク
0
1
4
(100)
(100)
ウェルス・マネジメントSA
639
654
634
(2)
1
コーポレート・センター
プライベート・バンク&GAM
92
93
84
(1)
10


新規純資金 *1

終了四半期 各年度末日
(単位:十億スイス・フラン )
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
12月31日
2003年
12月31日
UBS
16.4
20.5
10.7
88.9
69.1
ウェルス・マネジメント&ビジネス・バンキング
ウェルス・マネジメント
6.5
11.4
6.4
42.3
29.7
ビジネス・バンキング・スイス
0.2
0.4
(0.2)
2.6
2.5
グローバル・アセット・マネジメント
機関投資家向け資産運用
3.0
3.0
1.4
23.7
12.7
ホールセール・インターミディアリー
0.5
1.0
(8.3)
(4.5)
(5.0)
インベストメント・バンク
0.0
0.0
0.6
0.0
0.9
ウェルス・マネジメント USA
6.8
5.3
7.8
17.1
21.1
コーポレート・センター
プライベート・バンク&GAM
(0.6)
(0.6)
3.0
7.7
7.2

*1 利息収入および配当収入を除く


純受取利息および純トレーディング収益

終了四半期 増減(%) 各年度末日
(単位:百万スイス・フラン )
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
2004年
12月31日
2003年
12月31日
純受取利息
3,284
2,963
3,007
11
9
12,521
12,299
純トレーディング収益
683
666
578
3
18
4,311
3,756
純受取利息および純トレーディング収益合計
3,967
3,629
3,585
9
11
16,832
16,055


業務別内訳

終了四半期 増減(%) 各年度末日
(単位:百万スイス・フラン)
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
2004年
12月31日
2003年
12月31日
利息マージン商品からの純収益
1,306
1,278
1,233
2
6
5,139
5,077
株式
878
578
701
52
25
3,098
2,445
債券
1,257
1,237
1,146
2
10
6,264
6,474
外国為替
362
269
321
35
13
1,467
1,436
その他
49
63
86
(22)
(43)
273
326
トレーディング業務からの純収益
2,546
2,147
2,254
19
13
11,102
10,681
資金業務からの純収益
270
345
326
(22)
(17)
1,298
1,417
その他 *1
(155)
(141)
(228)
(10)
32
(707)
(1,120)
純受取利息および純トレーディング収益合計
3,967
3,629
3,585
9
11
16,832
16,055

*1 ペインウェバー・グループ買収の外部資金調達コストを含む。


損益計算書(未監査)

終了四半期 増減(%) 各年度末日
(単位:1株当りの数値を除き、
百万スイス・フラン)
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
第3四半期
2003年
第4四半期
2004年
12月31日
2003年
12月31日
 
営業収益
受取利息
10,516
9,967
9,739
6
8
40,182
40,159
支払利息
(7,232)
(7,004)
(6,732)
3
7
(27,661)
(27,860)
純利息収入
3,284
2,963
3,007
11
9
12,521
12,299
貸倒損失(費用)/戻入
128
14
(46)
814
276
(72)
貸倒損失費用控除後純利息収入
3,412
2,977
2,961
15
15
12,797
12,227
純受取手数料および報酬
5,037
4,533
4,820
11
5
19,416
17,345
純トレーディング収益
683
666
578
3
18
4,311
3,756
その他の収益
41
293
179
(86)
(77)
897
462
事業持株業務による収益
1,969
1,679
17
3,648
営業収益合計
11,142
10,148
8,538
10
30
41,069
33,790
 
営業費用
人件費
4,502
4,243
4,038
6
11
18,515
17,231
一般管理費
1,767
1,686
1,667
5
6
6,703
6,086
減価償却費
367
360
373
2
(2)
1,352
1,353
営業権およびその他の無形資産の償却費
249
265
225
(6)
11
964
943
商品および原材料購入
1,528
1,333
15
2,861
営業費用合計
8,413
7,887
6,303
7
33
30,395
25,613
 
税金および少数株主持分損益控除前
営業利益
2,729
2,261
2,235
21
22
10,674
8,177
税金費用
570
474
327
20
74
2,135
1,593
少数株主持分損益控除前純利益
2,159
1,787
1,908
21
13
8,539
6,584
少数株主持分損益
(138)
(116)
(100)
19
38
(450)
(345)
純利益
2,021
1,671
1,808
21
12
8,089
6,239
 
一株当り基本利益(スイス・フラン )
1.97
1.60
1.68
23
17
7.68
5.59
一株当り希薄化後利益(スイス・フラン )
1.91
1.55
1.64
23
16
7.47
5.48


事業グループおよび事業部門別業績

営業収益合計 営業費用合計 損益控除前事業部門実績
(単位:百万スイス・フラン )
終了四半期
2004年
12月31日
2003年
12月31日
増減
(%)
2004年
12月31日
2003年
12月31日
増減
(%)
2004年
12月31日
2003年
12月31日
増減
(%)
ウェルス・マネジメント&ビジネス・
バンキング
ウェルス・マネジメント 1,917 1,740 10 1,086 1,035 5 831 705 18
ビジネス・バンキング・スイス 1,245 1,283 (3) 735 744 (1) 510 539 (5)
 
グローバル・アセット・
マネジメント
526 451 17 362 339 7 164 112 46
インベストメント・バンク 3,927 3,557 10 2,698 2,365 14 1,229 1,192 3
ウェルス・マネジメントUSA 1,246 1,282 (3) 1,169 1,292 (10) 77 (10)
コーポレート・センター
プライベート・バンク&GAM 302 232 30 187 186 1 115 46 150
コーポレート・ファンクションズ 4 (7) 338 342 (1) (334) (349) 4
金融事業合計 9,167 8,538 7 6,575 6,303 4 2,592 2,235 16


通貨換算レート

以下の表は外国法人の財務諸表をスイス・フランに換算する際に使用した主要な換算レートである。

スポット・レート 平均レート
終了四半期
平均レート
各年度末日
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
12月31日
2004年
9月30日
2003年
12月31日
2004年
12月31日
2003年
12月31日
1米ドル
1.14
1.25
1.24
1.16
1.26
1.29
1.24
1.34
1ユーロ
1.55
1.55
1.56
1.53
1.54
1.55
1.54
1.54
1英ポンド
2.19
2.26
2.22
2.19
2.29
2.24
2.27
2.20
100円
1.11
1.13
1.15
1.12
1.15
1.19
1.15
1.16

重要なお知らせです。必ずご覧ください。
ある特定の国々においては、このサイトで紹介する商品サービス提供が行われておりません。弊社のサービスに関するご質問等がありましたら、最寄りの各営業所にお尋ねください。
© UBS 1998-2007. All rights reserved.
プライバシーに関するポリシー

 
  ウィンドウを閉じる 閉じる